無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« 大震災・苦難の秋田行き | トップページ | 片野鴨池・鳥見日記 »

大震災・1日避難民体験

秋田駅に着き、早速ホテル探しを始めました。  Gai_pht03_20

駅周辺のホテルを歩き回って宿泊予約しよう

と訪れましたが、ほとんどのホテルは「停電に

より本日閉鎖」という張り紙が入り口のガラス

ドアに貼られ、ドアも開かない状態でした。

秋田駅近郊のホテルにも電話を入れようと   Lawsonb_10

しましたが、どこも通じない。             

秋田市内は大停電中で、駅周辺のコンビニ

はほとんど営業しておらず、銀行もATMも

閉鎖状態で、現金が引き出せない。

秋田駅も閉鎖され、構内のコンビニは唯一

営業していました。

 10_1_38akitasiminn

        3時過ぎ、ホテルを諦め、駅にもどった

        ら駅に集まっていた旅行者が東口へ

        向かうのを見かけ、ついて行くと、

        駅と直結した「秋田市民交流プラザ・

        アルヴェ」が仮の避難所のようになっ

                                 ていました。                       

                           

1階の広々としたホールが避難所になっていて、2百人近くの人が市の担当者から

毛布をもらい、それぞれ寝場所を確保している光景を見て、私も毛布とダンボールを

もらい、覚悟を決め、この場所で1日避難することにしました。

秋田市の施設・アルヴェは自家発電機能が

あるようで、電気は点いており、トイレ、水も   Oil

使用できる上に、1階ホール内の数ヶ所に

石油ストーブが配置され、暖かく、ある意味

で快適な避難所になっていました。

アルヴェでの避難民は6時過ぎには300人を

超えていたようで、かなり満杯状態。

☆近隣の婦人会?の方々によるコーヒー、

緑茶、紅茶など暖かい飲み物サービス。

☆市の職員の方々による乾パンとペット

ボトルのお茶差し入れ。                Nihonkai

☆アルヴェ前に屋台のラーメン屋が手配

され、ラーメンの無料サービス。

☆「日本海庄や・秋田駅前店」による

おにぎりの炊き出しサービス。

など、私たち避難民にとって、秋田の方々

による暖かい心配りは、身にしみて大変ありがたく思いました。

特に、市の職員の方々はホールの四隅に折りたたみ机を置き、2~3人が配置され、

朝まで寝ずの番を(女性職員も)されたのには、びっくりしたと同時に本当に感謝の

気持ちでいっぱいになりました。

翌早朝、市の職員の方々へお礼の言葉を述べ、アルヴェを去り、秋田空港へ

向かいました。

空港開館前の6時前から並んだおかげで、何とか朝一番のJALで、羽田へ戻ること

ができ、私にとっての大震災は終了しました。

« 大震災・苦難の秋田行き | トップページ | 片野鴨池・鳥見日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530317/51586856

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災・1日避難民体験:

« 大震災・苦難の秋田行き | トップページ | 片野鴨池・鳥見日記 »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30