無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« がんばっぺ!気仙沼② | トップページ | 豊橋・向山大池の探鳥 »

がんばっぺ!気仙沼③

091r  Kesenbousai 104r 

復興に程遠い気仙沼市内

イオン気仙沼店から気仙沼駅に戻るタクシーの中、

行きと同様、被災された民家、建物などがそのまま放置された

悲惨な状態を、再び目にした。

1階が空洞になった民家。鉄骨むき出しの建物。

解体された?鉄骨の残骸。などなど、タクシーで見かけた

一部の市街地はいわばゴーストタウン化していた。

大震災後10ヶ月以上経過して、町はまだ、このような状態であった。

086r_2  087r_2

088r_2  089br_2

090r_2  091r_2

096r_2  107r_2

今回の東日本大震災で亡くなられた方々の

ご冥福をお祈りするとともに、被災された方々の

日常生活への回復と、震災地の復興を、

心よりお祈りします。


気仙沼市の被害状況

気仙沼市が平成24年2月23日に       085r

発表した東日本大震災の被害

状況は下記の通りであった。

死者数:1,032名

行方不明者数:326名

住宅被災棟数:15,518棟

 (平成24年1月31日現在)

被災世帯数:9,500世帯                 106r

 (平成23年4月27日現在・推計)

気仙沼市は過去、明治29年の

明治三陸地震と、

昭和8年の昭和三陸沖地震に

よる津波で被害を受けている。

そして平成22年のチリ地震による

津波でも大きな被害を蒙った。

しかし、今回の地震による津波では、人的被害が過去最大で最悪となった。

そして、過去の地震・津波の経験を踏まえ、市では地震津波の標識。

防災マップ。防災教育。防災訓練。津波体験館。津波避難ビル指定。

などいろいろな対策を打っている。

しかし、何故、人的被害をもっと少なくすることができなかったのか

という疑問が残る。


気仙沼市の津波ハサードマップ

ここに気仙沼市の

津波ハサードマップ(気仙沼市防災マップ 津波 全体図)がある。

これは東日本大震災以前に作成されたもので、赤く塗られ

縁取りされた線の内側が津波危険区域に指定されている。

Kesenbousaimap

しかし、今回の地震による津波浸水は、想定をはるかに超える

地域まで広がっている。

その津波危険区域と実際の津波浸水域を併せて表示したのが、

気仙沼消防団作成の「気仙沼津波浸水地域」のマップである。

大震災後、このマップが報告されている。

Kesenbousai_2

このマップを見ると、川沿いに3ヶ所、内陸の奥まで、

津波が押し寄せているのがわかる。

イオン気仙沼店の行きかえりに       115r

通過した「大川」(右の写真)が

津波で逆流し、勢い良く遡上し、

津波浸水被害が大きくなったと

運転手が語ってくれた。

地震・津波のハサードマップは

防災意識を高め、早めの避難を

促すのに有効だと思う。

しかし、危険区域に指定されなかった地域も、避難対象としての対策が

必要ではなかったのではないだろうか。


がんばれ!仮設商店街

気仙沼市では震災後、プレハブの    098r

仮設商店街が数ヶ所オープンした。

被災された商店の方々が、復興を

目指し仮営業されているわけだが、

早く自立して欲しいものだ。

ただ、仮設住宅の多くが山側に

建てられているのに対し、仮設         104r_2

商店街は海側と交通アクセス

のギャップがある。

仮設住宅の人々が買い物

しやすいように、交通の便を

図るべきではないだろうか。

こじんまりしたコミュニティバスなどを、仮設住宅地域から気仙沼駅、

仮設商店街へと走らせるなどの対策が、当面、必要ではないだろうか。

気仙沼を去るにあたり、

気仙沼に限らず東日本大震災の被災を受けた地域に対し、

私たちができることは、被災地の生鮮産品や工場で生産された

商品(衣類、雑貨など)を今まで以上に、一人一人が購入して、

復興の手助けをすることではないだろうか。

それは何年かかるかわからないが、被災した東北3県に

私たちは絶えず目を向け、完全復興するまで心から応援していくという

姿勢を維持していくべきだと思う。

« がんばっぺ!気仙沼② | トップページ | 豊橋・向山大池の探鳥 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

風来坊さん、事後報告になってしまって申し訳ございませんが、昨年11月に風来坊さんが小友沼に来られた時のブログの内容を一部(と言っても大部分ですが)今回(2月25日付)の「小友沼通信」に紹介させていただきました。以前に頂戴した名刺がちょっと見当たらず、つい承諾を得ないまま掲載したことをお詫びいたします。どうかお許しください。(「通信」を読んだ会員からは、「小友沼をよく紹介してくれている」などの感想が寄せられています。)
                                   
小友沼に来られる時は前もって連絡していただければ幸いです。
                                牛丸 武久 拝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530317/54101473

この記事へのトラックバック一覧です: がんばっぺ!気仙沼③:

« がんばっぺ!気仙沼② | トップページ | 豊橋・向山大池の探鳥 »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30