無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« どっこらしょっと! | トップページ | 回想・インド紀行① »

琵琶湖周航の歌

琵琶湖周航の歌

われは湖(うみ)の子 さすらいの     030r

旅にしあれば しみじみと

昇る狭霧(さぎり)や さざなみの

滋賀の都よ いざさらば

これは大正時代に歌われた

学生歌のひとつ

「琵琶湖周航の歌」の1番で      

6番まであります。                     043r

加藤登紀子がカバーし

ポピュラー音楽として

一般に知られるようになった

のですが、この歌にある

琵琶湖へ8月初旬、生まれて

初めて訪れました。

仕事で浜大津のホテルに泊まり、   048r

翌早朝、琵琶湖のほとり

大津港を散歩しながら

30度を超える暑い、しかも

強い日差しの中、写真を

撮ったので載せてみました。

私のブログで遊覧船やヨット

などを載せたのは初めてですが、遊覧船で琵琶湖を

周航したらいいなという思いで、写真を撮りました。

仕事でなければ遊覧船に乗ってみたかったのですが・・・


海のような琵琶湖

039r_3

実際、琵琶湖に来てみて湖というより海を見ているかんじで、

ゆったりとした大海原のような景色でした。

029r  016r

早朝ということもあって、船着場へ数隻の遊覧船や

多くのヨットが係留され、他の湖では見ることのできない

光景を写真に収めることができ、ラッキーでした。

022r  024r

船着場では8月8日に開催される(ブログアップ前の話しですが)

「琵琶湖大花火大会」の準備で、多くの関係者がテントを張ったり、

機材を持ち込んで、あわただしい風景でしたが、たまたま

地方局(?)の天気予報らしきテレビ撮影現場に遭遇したり、

ガチョウ(ポケットのデジカメで撮ったので白とびしている)を

見つけたりと結構な収穫でした。

032r  025b

066b

063r  018r

049r

053b  048r_2


懐かしい路面電車

大津市には路面電車が走っていました。

今時、めづらしい光景なので、写真を撮りましたが、

短い編成の旧型っぽい車両と、長い編成の新型?車両の

路面電車2パターンとなっていました。

067r  069r

070r  071r

私は写真を撮り終えると、汗を拭き拭き、ホテルへ戻り、

シャワーを浴びました。そして朝食摂った後、仕事へ出発。

« どっこらしょっと! | トップページ | 回想・インド紀行① »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

琵琶湖ですね、京都までは行きましたが、琵琶湖は、まだ見たことないです。琵琶湖のまわりには、お城もあると聞いています。行ってみたいですね~!

陽気なパパさん コメントありがとうございます。長浜で秀吉が築城した長浜城を遠くから見ました。今度は遊びで琵琶湖を一周したいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530317/55396329

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖周航の歌:

« どっこらしょっと! | トップページ | 回想・インド紀行① »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30