無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013タゲリの里探鳥会

Dsc03747r  Dsc03804r  Dsc03734r

タゲリの里探鳥会

先週末の1月19日(土)、

今年も湘南の米どころである     Dsc03718r

タゲリの里で行われた

探鳥会に参加しました。

相模線の某駅に9時集合。

参加者は主催者側を含め

10数人の程よい人数。

探鳥ルートと会の目的は、    Dsc03719r

いつものコースとなっている

目久尻川沿いを歩き、

そこに生息する野鳥たちや、

田んぼで食餌をしているであろう

タゲリを探鳥しようというものです。

この集まりは、他の探鳥会と       Dsc03744r

違い、探鳥だけでなく、鳥や

生き物たちを育んでいる

川や水田環境を観察しながら、

人と生き物たちとの共生を

考えていこうというもので、

「湘南の自然を観察する会」が       Dsc03735r

正しい会の名称だと、私は

思っています。

ただ、この会は誰でも参加

できるイベントでなく、

湘南タゲリの里で生産された

タゲリ米を購入した方々に、

参加の権利があり、申し込み制となっています。

主催は湘南で10年以上、タゲリ米の生産販売・普及

活動に携わっているボランティア組織の

「三翠会」によるもので、今回も、数人、タゲリの追跡

部隊が影となって、探鳥会をサポートしてくれました。

タゲリ米とは・・・シベリアから越冬のために飛来した

渡り鳥の「タゲリ」が棲む、湘南の水田で生産された

「生きものブランド米」のこと。

タゲリが飛来する水田を守るため、湘南のボランティア

組織である「三翠会」が、お米を通常より高く買い上げ、

「湘南タゲリ米」のブランド米として、タゲリ保護の趣旨に

賛同する方々に提供する仕組みとなっています。

水田の自然環境を守るため、農薬や化学肥料の

使用を極力抑え、水田とその周辺環境保全に配慮し、

生きものとの共生をめざして栽培されたお米が

「生きものブランド米」と言われています。


富士山を見ながらの探鳥

Dsc03747r_2

今回、気がついたのは、

川沿いに探鳥しながら

ひょいと遠くに目を移すと、     Dsc03773r

富士山がくっきり見える

ことでした。

考えてみれば、私が参加した

過去2回は、雪まじりや曇天

でしたので、富士山は見え

なかったわけです。

今回、ピンカーンの澄み切った青空だったため、富士山を

仰ぐことができ、都内参加者の方は富士山の雄姿に感激したり

していました。

自然豊かな川や田園地帯に富士山。この取り合わせは

探鳥だけでなく自然を楽しむのに最高の贈り物ですね。


川沿いの野鳥たち

目久尻川では前回同様、

ご就寝中のカルガモが多く、     Dsc03720r

泳いでいる連中は我々一行に

警戒しているようで、時折、

飛び立ち、場所を変えて

いました。

カルガモ以外、川で発見できた

水鳥はコガモとマガモだけで、     Dsc03717r

前回観察できたヒドリガモ、

カイツブリ、バンなどを

見ることはできなかった。

しかし、カワセミが何ども

私たちの前を飛び交ったり、

やたらとアオジが出現したりと     Dsc03728r

小さな野鳥たちはにぎやかに

私たちを歓迎?してくれました。

鳥合わせで確認できた鳥は

水鳥以外に

カワラヒワ、カシラダカ、アオジ、

モズ、ツグミ、メジロ、イソシギ、     Dsc03742r

タヒバリ、キジバト、カワセミ、

ハクセキレイ、セグロセキレイ、

ヒヨドリ、ジョウビタキ、シロハラ、

シジュウカラ、ホオジロ、シメ、

ムクドリ、アオサギ、トビ、

ハシブトガラス、カワウ、ハシボソガラス、スズメ、

タゲリなど30種類でした。

前回より鳥たちのさえずりも多く、楽しい探鳥会になりました。

Dsc03749r  Dsc03808r

Dsc03804r_2  Dsc03807r

川沿い探鳥で終了間際に見つけた「シメ」2羽。

泥棒のようなユニークな顔の「シメ」は愛嬌があって

いいですね。

探鳥会の「しめ」にふさわしい鳥出現に喝采!

最後の「トリ」を飾ったのは、日本で一番ポピュラーな

鳥のスズメ。日本画で一番描かれているスズメは

日本人が一番愛すべき鳥ですね。

Dsc03811r


突然現われたタゲリ

さて、探鳥会も終盤となりメインイベントのタゲリ観察と

ポイントへ一行が向かっていた矢先、突然、遠くに

5羽の野鳥を発見。

Dsc03764r

「あっ!タゲリだ」

おそらくタゲリ追跡部隊の

前から、何らかの拍子で                 Dsc03790rr

タゲリが飛び立ち、私たち

一行の近くに舞い降りた

ようである。

ラッキーと言えばラッキー。

田んぼの中に沈み込んだ

タゲリに、我々は安全と思われる距離まで近づき

フィールドスコープなどで彼らを覗くも5羽全部は見えない。

タゲリが田んぼの土手にあがれば見えるのですが、全身が

見えない。

それでも、タゲリと確認できたので、本日の探鳥会は終了。

今回も遠い(田んぼ3枚以上先)ため、タゲリをしっかり撮る

ことはできなかった。

災い転じて幸となり、タゲリを見ることができたので、主催者

側の方がほっとしたのではないでしょうか。

今回も探鳥会リーダーをされた三翠会メンバーであり

日本野鳥の会神奈川の樋口さん。及び、三翠会の

方々、ありがとうございました。

なお、タゲリはこんな鳥(イラストですけど)です。

Tageri


黒米をいただく

12時半頃、探鳥会は終了しましたが、

三翠会の方から、今日の探鳥会参加者全員に

黒米がプレゼントされました。

Imgp3805r

これもタゲリの里で作られたもので、古代米のひとつです。

栄養分は白米に比べたんぱく質、ビタミンB1,B2、ナイアミン、

ビタミンE、鉄、カルシウム、マグネシウムなどが豊富に含まれ、

滋養強壮に優れ、造血作用があることから、古代より

珍重されています。

早速、その夜、白米1カップに黒米1~2杯混ぜて炊き、

おいしく召しあがりました。

三翠会の皆さん、ごちそうさまでした!

華燭の宴:ミクニマリアージュ

Sm0029r  __00031r  Sm0429r

オテル・ドゥ・ミクニ

都心の四谷にある          Sm0386r

オテル・ドゥ・ミクニは

閑静な住宅街にたたずむ

隠れ家のような一軒屋です。

近くには「学習院初等科」や

「迎賓館」「赤坂御用地」などが         Sm0528r

あり、一種の聖域のような環境に

緊張感を覚えたりします。

オテル・ドゥ・ミクニは三国清三が

オーナーシェフをしている

フレンチレストランです。

昨年末、長女の結婚披露宴で

「ミクニマリアージュ」という

ウェディングパーティを利用させ

てもらいました。                Sm0383r

もっとも、手配したのは新郎

新婦ですが・・・

オーナーシェフ三国さんの

料理に対するこだわりは

新郎新婦に縁のある土地の

食材を取り入れるなど、

一組、一組違った料理を提供

していることです。

愛する人においしいものを

食べさせてあげたい。という誰もが持っている気持ちで

料理を作っているとのことです。


ミクニマリアージュ

Sm0390r  Sm0450r

最初のドリンクは「ハスカップ」というミクミオリジナルカクテル。

次にシャンパーニュー地方のワイン「ドラピエ ロゼ」

Img_3863r

料理の一番手は「北海道帯広のシェフの友人・山西農園の

山西さんが創った北海道一おいしい熟成ゆりねのピュレ、

愛知産銀杏と鹿児島産姫車海老のコンソメジュレ和え、

ミントの香り」

Img_3865r

続いて「韓国産アワビのヴァプール、ジンジャー風味リゾット添え、

東京檜原村産椎茸入りうま味コンソメ和え」

Img_3888r

次は「山口萩沖天然真鯛のグリエ、東京産小松菜とブルゴーニュ産

エスカルゴのグラチネ、小松菜の根のフリット添え、エスカルゴ

バター風味」

Img_3889r

メインディッシュとして「岩手産和牛フィレ肉のロティ、五種の温野菜

(人参、しんとり菜、紫芋、インゲン、滝野川ゴボウ)添え、

赤ワイン風味」

Img_3899r

デザートは「北海道産かぼちゃのムースと熊本産早生みかんの

ジュレとシャーベット、かぼちゃの種添え」

Img_3900r

最後にデザートのケーキ類。

もうおなかいっぱい。

「季節のパティスリーの盛り合わせ、ミクニスタイル」

料理名が長く、記述している私も疲れますが、

このブログをご覧になっている方も「長すぎる」と思われるかも

知れません。しかし、食材、ひとつひとつに選びぬいた三国流

こだわりが感じられ、宴の人たちを心からもてなす経営・料理

哲学があるように思います。

で、お味はさすが天下一品だけあって、どの料理も

味わい深く、おいしいの一言でした。

昼間、お得なランチ(予約)もありますので、一度、ご賞味されて

みたらいかがでしょうか。

Sm0369r  Sm0379r  Sm0648r

世界一?海老名SA

Imgp3772r  Dsc03689r  Dsc03676br

SA(サービスエリア)日本一は?

日本の有料高速道路でのSAは

世界的にみても充実した

サービス施設になっています。                 Dsc03692r

一般的SAはトイレ、レストラン、

売店が中心で、それに給油所が

付属したりしています。

しかし、最近は24時間コンビニや

入浴施設、宿泊施設、理髪店、

ドックランにドックカフェといった       Dsc03691br

施設を併設するSAもあり、

単なるトイレ休憩からレジャー感覚

のSAに変貌してきていますね。

ところで、SAは全国何ヶ所あるで

しょうか?

700ヶ所以上(PAは500ヶ所以上)と言われています。

総額40兆円もの債務を背負った旧日本道路公団は、平成16年、

民営化によって6高速道路会社分割され、公表された日本のSA

全体数字はありませんので、個別会社を足しての想定となります。

で、売上日本一のSAはどこでしょうか?

これは全てのメディア情報を調べて一致しているのが

私が住んでいる海老名の海老名SAです!(ちなみに我が家はSAの

直ぐそばにあるので、外から入ってよく利用しています)

おそらく、海老名SAは世界のSAで一番ではないでしょうか。


SA売上ランキング

最近の資料からSA売上高

ランキングベスト5は

1位→海老名SA(東名下り)

2位→海老名SA(東名上り)

3位→浜名湖SA(東名)

4位→談合坂SA(中央高速)

5位→海ほたる(アクアライン)

です。

当然海老名SAは利用者数も日本一で

下りが1日 約2.5万人

上りが1日 約2万人

と、何と上下あわせ4.5万人もの人が海老名SAを利用している

わけです。ここはいつも上り下りとも満車状態で、飲食・売店ゾーンも

混み合っています。

数年前、海老名SAの全体年間売上が100億円と言われて

いましたが、2011年に上り下りとも全面改装しているので、

おそらく年110億円は超えていると思われます。


SAへ外から入れる?

Imgp3776r_2

さて、SAに外から入れるんですかという疑問を持つ方が多いと

思いますが、入れます。

上りの全面改装ともに作られたのが、この立派な出入り口です。

私をはじめ地元住民も堂々と外からSAに入って、食事や

買い物を楽しめるようになっているわけです。

下りはまだ上りのような出入り口がありませんが、従業員通用口

から一般の方も利用できます。

そんなところで、下りと上りを紹介していきましょう。


上り線

Imgp3766r

Imgp3774r  Imgp3775r_2

上りの店舗は従来より2.2倍

多い28店舗となり、                              

高級スーパーの「成城石井」や       Imgp3772r_3

人気衣料雑貨店の

「ユナイテッドアローズ」と

いった異色のテナントも入り、

都心に戻る人たちのために

翌日分の買い物をSAで済ませ

られるように意図したようです。

上りは2階建てになっており、2階のフードコートで麺類、

肉料理、丼物などが食べられるようになっています。

Imgp3769r


下り線

Dsc03681r

Imgp3780r

一方、下りは1階平屋建で、

屋内19テナントと外に

うまいもん横町の個割りで       Dsc03687r

ファーストフードショップが

あります。

下りで何といっても有名なのは

「ぽるとがる」のメロンパンで、

各種調査でも人気ナンバーワンに

なっています。                                            Dsc03688r_2

最近、そのメロンパンを超えた

人気になっているのが、同じ

ぽるとがるで1日限定200個

販売のプレミアムレモンパン

です。販売は毎朝9時ということで、

直ぐに完売だそうです。                          Imgp3783r

ナショナルチェーンの出店

最近のSAテナントの傾向として

フーズ関係のナショナルチェーン

が、積極的に出店をしており、

海老名SAでは

吉野家、サーティワン、キハチ、

スターバックスコーヒー、                        Dsc03683r

ドーナッツプラント、海鮮三崎港

といったところが出ています。

下りでおすすめの食事処は

「海鮮三崎港」で、寿司、ちらし丼は

新鮮なネタでうまいの一言。

それに海老名SA限定の                

海老名御膳や海老名天丼もおすすめです。

早朝、朝定食もやっています。


海老名SAと富士山

東名高速道路で富士山を大きく綺麗に眺望できるのは

富士川SAですが、実はこの海老名SAも富士山が見れます。

Dsc03676br_2

この写真は今年の元旦。

下り線SAから早朝撮った「ピンク富士」です。

日の出直後、一瞬、富士山がピンク色に染まるところを

撮影したわけですが、日本一の富士山と日本一のSAを売りに

もっと、海老名市は海老名SAをPRすべきだと思っている次第。


SAのマーケティング

何故海老名SAは日本一なのか?

私なりにその要因をピックアップしてみました。

①地域に密着した土産品の充実(地域限定商品等)

②テナント入れ替えによる有名店の導入

③フードコートの24時間営業

④スナック類、人気屋台店の充実

⑤トイレ改装で清潔・快適になったこと

⑥SA従業員の接客教育実施

などがあげられると思います。

6番目にあげた従業員教育の成果があがったニュースがあります。

「NEXCO中日本 第4回SA・PA接客コンテスト」にて、海老名SA

フードコートのスタッフが、対象人数約10,000名の中から

見事グランプリを受賞したということです。(2012年10月24日)

この接客コンテストは「お客様の期待を超えた感動をお届けする

ために」をテーマに、お客様のお迎えからお見送りまでを

ロールプレイング形式で実演し、好感度、コミュニケーション力、

販売力の接客スキルを、レストラン・フードコート・物販の3部門で

競う内容でした。

巷のショッピングセンターでもテナント従業員に対する教育を

結構実施していますが、日常的にお客様で混み合うSAで、

しっかり従業員教育を行っていることを知り、素晴らしいの一言ですね。

今、古いSCが大型SCの進出で、売上を落とし、淘汰されている状況の

中にあって、それぞれのSAが集客のためのサービス充実に努め、

これからもどんどん進化して独自のSA文化を築いていくのでは

ないでしょうか。

Imgp3782r  Imgp3773r

大塚池の鳥たち

Dsc03500r_2 Dsc03649cr_2  Dsc03656rr_2

謹賀新年 2013年

あけましておめでとう

ございます

今年もよろしくお願いします

ハクチョウの求愛ダンス

Dsc03499r  Dsc03491r

Dsc03500r

年末、大塚池(茨城県水戸市)に早春以来、3度目の再訪。

早朝、池にたどり着くやいなや、甲高いハクチョウの

「クオー」「クオー」という鳴き声が聞こえてきた。

2羽の若いハクチョウが、

丁度求愛ダンスをしている            Dsc03503r_2

光景を見たので、素早く激写?

ほんの2,3分であったが、2羽は

愛が成立したようで、仲良く連れ添い

泳ぎはじめました。

よかった。カップルの誕生!


ハクチョウの飛来

Dsc03628br

大塚池にはハクチョウ(大半は

オオハクチョウ)が30年前から      Dsc03534r

飛来しているそうで、ピーク時は

300羽近くになるそうです。

この日は60~70羽程度飛来

していましたが、春先、シベリアに

戻ったハクチョウたちが再度             Dsc03546r

飛来しているようで、なつかしい

顔ぶれが揃ってきたという

感じで、うれしいですね。

今年、ハクチョウの初飛来日は

10月20日だそうで、NHKのテレビ

放映があったとのこと。

Dsc03561r  Dsc03563r

Dsc03620r  Dsc03509r


ハクチョウ家族

ハクチョウで気になるのが幼鳥。

今年の春先、ハクチョウの幼鳥を

見かけなかったので、心配して           Dsc03657r

いましたが、今回の飛来で

2羽の幼鳥を伴ったハクチョウ

家族を発見。

ピーク時までにもっとたくさん、

ハクチョウ家族が到来して

くることを、期待したいですね。


いました!コクチョウたち

大塚池の主となっている                Dsc03468r

コクチョウを今日も3羽発見。

この池で生まれ育った

コクチョウたちが何世代も

いるようで、千波湖と絶えず

往来しているようです。         Dsc03471r_2

相変わらずハクチョウやカモ

たちにちょっかいを出す

やんちゃぶりが見られ、

俺たちは大塚池の主だと、

渡り鳥たちにアピールして

いるように見えます。

Dsc03526r


氷上のハシビロガモ

大塚池には毎年、オオバン、

オナガガモ、ヒドリガモ、マガモ、      Dsc03642r

コガモなどが、冬に飛来して

きますが、今回初めて

ハシビロガモを発見。

しかも、凍った氷上をおそる

おそる歩く光景を見ました。

ただし、エクリプスと思われるので、少々みすぼらしいですね。

でも、注意深く氷の上を歩くハシビロガモは、めったに

お目にかかることはできないので、ラッキーでした。

Dsc03649cr

大塚池を去る前に気がついたのが

このハクチョウの抜けた羽毛。         

普通は水面にプカプカ浮くところ、       Dsc03653r_2

凍った氷の上に白いの花のように

見えました。

池に張った氷とハクチョウの

白い羽が織り成すちょっとした

アートな世界ですね。

Dsc03656rr

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30