無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« 不思議なモモタ時計 | トップページ | 世界一?海老名SA »

大塚池の鳥たち

Dsc03500r_2 Dsc03649cr_2  Dsc03656rr_2

謹賀新年 2013年

あけましておめでとう

ございます

今年もよろしくお願いします

ハクチョウの求愛ダンス

Dsc03499r  Dsc03491r

Dsc03500r

年末、大塚池(茨城県水戸市)に早春以来、3度目の再訪。

早朝、池にたどり着くやいなや、甲高いハクチョウの

「クオー」「クオー」という鳴き声が聞こえてきた。

2羽の若いハクチョウが、

丁度求愛ダンスをしている            Dsc03503r_2

光景を見たので、素早く激写?

ほんの2,3分であったが、2羽は

愛が成立したようで、仲良く連れ添い

泳ぎはじめました。

よかった。カップルの誕生!


ハクチョウの飛来

Dsc03628br

大塚池にはハクチョウ(大半は

オオハクチョウ)が30年前から      Dsc03534r

飛来しているそうで、ピーク時は

300羽近くになるそうです。

この日は60~70羽程度飛来

していましたが、春先、シベリアに

戻ったハクチョウたちが再度             Dsc03546r

飛来しているようで、なつかしい

顔ぶれが揃ってきたという

感じで、うれしいですね。

今年、ハクチョウの初飛来日は

10月20日だそうで、NHKのテレビ

放映があったとのこと。

Dsc03561r  Dsc03563r

Dsc03620r  Dsc03509r


ハクチョウ家族

ハクチョウで気になるのが幼鳥。

今年の春先、ハクチョウの幼鳥を

見かけなかったので、心配して           Dsc03657r

いましたが、今回の飛来で

2羽の幼鳥を伴ったハクチョウ

家族を発見。

ピーク時までにもっとたくさん、

ハクチョウ家族が到来して

くることを、期待したいですね。


いました!コクチョウたち

大塚池の主となっている                Dsc03468r

コクチョウを今日も3羽発見。

この池で生まれ育った

コクチョウたちが何世代も

いるようで、千波湖と絶えず

往来しているようです。         Dsc03471r_2

相変わらずハクチョウやカモ

たちにちょっかいを出す

やんちゃぶりが見られ、

俺たちは大塚池の主だと、

渡り鳥たちにアピールして

いるように見えます。

Dsc03526r


氷上のハシビロガモ

大塚池には毎年、オオバン、

オナガガモ、ヒドリガモ、マガモ、      Dsc03642r

コガモなどが、冬に飛来して

きますが、今回初めて

ハシビロガモを発見。

しかも、凍った氷上をおそる

おそる歩く光景を見ました。

ただし、エクリプスと思われるので、少々みすぼらしいですね。

でも、注意深く氷の上を歩くハシビロガモは、めったに

お目にかかることはできないので、ラッキーでした。

Dsc03649cr

大塚池を去る前に気がついたのが

このハクチョウの抜けた羽毛。         

普通は水面にプカプカ浮くところ、       Dsc03653r_2

凍った氷の上に白いの花のように

見えました。

池に張った氷とハクチョウの

白い羽が織り成すちょっとした

アートな世界ですね。

Dsc03656rr

« 不思議なモモタ時計 | トップページ | 世界一?海老名SA »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530317/56433055

この記事へのトラックバック一覧です: 大塚池の鳥たち:

« 不思議なモモタ時計 | トップページ | 世界一?海老名SA »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30