無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« 祝20,000アクセス!記念号 | トップページ | 世界遺産:日光社寺巡り① »

アンデルセンを訪ねて:ファイナル!

P9260043r_2 P9260039r_2 P9260037r_2


デンマーク旅行:ファイナル

2003年9月26日(金)

いよいよデンマーク視察旅行の                 Rosen3_2

最終日となりました。

ホテルでゆっくり塩味のきいた

ハム・ソーセージを食べながら、

コンチネンタルブレックファーストを

終え、チェックアウト。

私たちは荷物をホテルで

一時預かりしてもらい、今日の

目的地:ローゼンボー宮殿に

徒歩にて向かうことにしました。

P9260036r

ホテルを出て直ぐ、エスタポート駅を通過する電車を見た。

これはデンマーク国鉄が誇るIC特急で、先頭部が黒いゴムで

出来たユニークなスタイルの気動車特急です。

通勤タイムに重なったようで、多くの人達が自転車で通勤する

光景を見かけました。

P9260034r

デンマークの道路は、広めの自転車専用道路と歩行者用

道路があり、安心して街中を歩けるようにできている。

さすがエコを推進しているお国柄だけあって、人にやさしい。

P9260037r

途中、国立美術館を素通りしましたが、この建物は

1889年から1896年にかけて建てられたそうです。

P9260039r

いつのまにか、私達はローゼンボー

宮殿内敷地に入ったようで、           P9260038r

緑の芝生の公園では犬の散歩。

ベビーカーを押している人たち。

はしゃいでいるこどもたち。

池にはマガモなど水鳥たちの遊泳。

庭園もあり、中で庭の手入れを

している人を見かけましたが、

そんな平和そのものの

光景に心がなごみました。

P9260051r  P9260049r

P9260052r

P9260047r

そしていよいよローゼンボー宮殿(ローゼンボー城)

P9260043r

この宮殿は1634年にクリスチャン4世が夏の離宮として

建てたルネッサンス様式の宮殿です。

青銅の屋根と赤レンガが特徴。3代にわたり王の居城として

使われていましたが、1883年以降、歴代国王の宝物殿となり、

装飾品や衣装、絵画、陶器などが展示されています。

宮殿の入口で切符を買い、中に入るとローゼンボー城に

ついて、日本語で説明された資料がありました。

Photo  Photo_2

さすが観光立国デンマーク。ちゃんと日本人観光客にも

配慮しているところがにくいですね。

部屋ごとに王冠や宝石類。絵画、調度品など様々な歴史的

遺品が展示され、天井の装飾や絵画、大理石の床など

見事なものばかりで、ひとつひとつ、感嘆の目で鑑賞

していました。

P9260064r

お城の入口には銃を持った衛兵が立っており、

(写真撮影はご法度)ちょっと緊張しました。衛兵の交代と

街中での行進は観光の目玉になっているようですが、

残念ながら私たちはその光景を見ることはできませんでした。

P9260054r_2

橋を渡ってお城に入るこの写真が、よく観光パンフレットに

使われていたので、私もパチリ。さらに入口の案内板を

P9260055r

どアップで撮ってみました。

また、ローゼンボー城を出て、敷地内外の建物にも

目を奪われました。どの建物もやさしい自然環境に

溶け込んで素敵ですね。

P9260066r  P9260058r

私たちは一旦ホテルに戻り、

荷物を引き取って、電車で                Andel

コペンハーゲン中央駅へ。

それからタクシーで空港へ行き、

3時のスカンジナビア航空にて

デンマークを後にしました。

デンマーク旅行は家族みんなと

初めての海外旅行であり、

結果、最後の旅行になって

しまいました。

でも、家族みんな、いい思い出に

なったようです。

アンデルセン!いい思い出を

ありがとう!


pencilエピローグ

正しい電車の乗り方

Zonecard

デンマークではバス、電車、地下鉄などの切符が共通で、

ゾーン制になっています。

写真右側:2ゾーンのチケット10枚分が青色のゾーンチケット。

2003年9月当時は95デンマーククローネ(1700円)。

写真左側:3ゾーンのチケット10枚分が黄色のゾーンチケット。

130デンマーククローネ(2330円:1クローネ17.9円換算)。

で、問題は電車なら乗車時にホームにある黄色の印字機に

ゾーンチケットを刻印させなければなりません。

刻印がないチケットを車内で車掌に見つかると、

かなりの罰金を科せられますので、ご注意。

Tk


ついでに、この切符はデンマーク初日、オーデンセに

行った時のIC特急の切符です。

何故、私がこの使用済み切符を持っているのか?

そんなんです。デンマークではゾーンチケットも

その他の切符も、利用交通機関の最終出口で

切符の回収をしないのです。

駅にしてみれば、切符の回収やその処理をする

手間暇や人件費が不要となるので、コストダウンに

なっているのでしょうが・・・考えさせられますね。


デンマークのVAT(付加価値税)

VATは日本でいう消費税ですが、デンマークでは通常、

販売価格にVATが含まれています。VATは支払価格の

20%です。表示された販売価格にVATが含まれて

いない場合は、物品価格の25%に相当します。

その一例として「アメリエ」で土産品を購入した時のレシートを

紹介すると、VATが20%で税関申告料を差し引いて

税金が戻されています。

Photo_3

次はレストランのレシートですが、VATが25%含まれているので、

実際の飲食代は578クローネで144クローネがVATという

ことになり、確かに高いですね。

Photo_4

デンマークは税金が高いですが、過去から一貫して社会福祉が

充実しているので、それはそれで国の施策として良いのでは

ないでしょうか。

ご参考に!

« 祝20,000アクセス!記念号 | トップページ | 世界遺産:日光社寺巡り① »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530317/56862901

この記事へのトラックバック一覧です: アンデルセンを訪ねて:ファイナル!:

« 祝20,000アクセス!記念号 | トップページ | 世界遺産:日光社寺巡り① »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30