無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

富士山五合目・水場の鳥たち②

富士山五合目探鳥の第二弾!

今回も、奥庭荘の水場に現れた鳥たちの中に

幼鳥と思われる鳥がいたので、ワイバードの

バードガイドさんにアドバイスをもらい、まとめましたが、

正直、識別が不確かな鳥がいます。

このブログをご覧になられた方で、間違いだと思われたら、

コメント欄にてご指摘願います。

という訳で、最初に登場するのはヒガラです。


ヒガラの成鳥と幼鳥

ヒガラはスズメの4分の3程度の小さな鳥。

小さい鳥は動きが早く、ヒガラに限らずブレた写真が多い。

Dsc08969r


Dsc08770r Dsc08709r

Dsc08711r_2

上の写真はヒガラの成鳥。

下の写真はヒガラの幼鳥。

Dsc08620r_2

Dsc08629r Dsc08652r

Dsc08660r

ずぶ濡れのヒガラの幼鳥は、かわいいですね。


コガラ

続いてヒガラよりちょっと大きいコガラ。

1年中、山地に棲んでいるので、平地では見かけない。

Dsc08753r

Dsc08754r


ウソの成鳥と幼鳥

次はウソ。ウソは秋冬に、近くの川の雑木林で頬が紅桃色

したオスをよく見かけます。

クマモンのように赤いほっぺが可愛い。

Dsc08571r

Dsc08576r

Dsc08563r

次の写真はウソの幼鳥ですが、何と仰向けで水浴び。

ほとんどの鳥たちが前のめりで、水面に頭を突っ込んで

水浴びをするのですが・・・これってスクープ写真?

Dsc08833r

ウソの幼鳥は頬が赤くないが、愛らしい。

Dsc08813r Dsc08826bbr


カヤクグリ

次は日本固有種のカヤクグリ。

以前、山歩きの探鳥会でちょっと見でしたが、

今回、間近にはっきりと見ることができました。地味ですが・・・

Dsc08946bbr

Dsc08948r Dsc08964r


キクイタダキ

さて、「トリ」を飾るのが日本最小の鳥・キクイタダキ。

今回の探鳥会で一番会いたかった鳥。

今まで見たことがなかったので、キクイタダキが

水場に現れた時は、大感激。ただ、動きが早く、

写真がブレてしまい、鮮明さはないがアップ。

Dsc08785r

Dsc08789bbr

Dsc08794bbr

黄色い冠羽の中央部が橙色になっていて、この頭頂

部分が、菊の花びらを載せているように見えることから、

キクイタダキと名付けられたようです。

奥庭荘で鳥のストラップを売っていたので、

記念にキクイタダキをいただき!(お代払っています)

なお、メボソムシクイも現れたのですが、うまく

撮れなかったのでカット。

Kiku_024r


奥庭の自然

さて、奥庭荘のある地域は、名勝天然記念物特別地域に

指定されており、「富士山五合目奥庭自然公園」です。

Dsc09031r

Dsc09032r


パワースポットの天狗岩

奥庭荘の近くに天狗の面と天狗の下駄?

天狗岩を信仰すると夫婦円満なるとか・・・

Dsc09015r

ここは、富士山の一つのパワースポットに

なっているようです。はたしてご利益は?

Dsc09016r

Dsc09018r Dsc09020r


奥庭の自然

ここは2,200メートルの高地にあるので、

あたりに高山植物の花が咲いていました。

Dsc09022r Dsc09043r

Dsc09044r Dsc09047r

Dsc09023r

ところで、眼下に群生している植物を発見。

良く見ると、コケモモの表示あり。

コケモモはツツジ科の常緑小低木で、球形の果実が

秋には赤く熟すそうだ。

Dsc09034r

Dsc09039r

コケモモを見て、奥庭荘に入ったら、コケモモのジャムが

売られていた。

Dsc09253r

コケモモは胃腸、血圧、咳止め、夏バテに効くとのこと。

早速、記念に購入。水で溶かしコケモモジュース。お湯で

溶かし、咳止めにいいと。


探鳥者の憩いの場・奥庭荘

Dsc09012r

奥庭荘はお土産を売っていますが、食事もでき、

畳の部屋があるので、靴を脱いでゆっくり寛げます。

Iphone5_048r_2 Iphone5_047r

お昼、ここできのこうどんを食べましたが、具たくさんで、

うどんが隠れています。山小屋で食べるうどんは、

格別な美味しさがあり、汁を全部飲んでしまいました。

Iphone5_049r


お世話になったワイバードさん

今回の探鳥は探鳥専門旅行会社

ワイバード」さんの日帰り探鳥            Iphone5_043r

ツアーに参加。

朝8時に新宿西口を出発し、

何と10時過ぎに富士山五合目の

バス待機場に到着。

そこから山道を下ること約10分で、

奥庭荘へ到着。

10時20分過ぎから、水場での

探鳥スタート。15時半まで、自由行動。

だから、まる5時間も、1ヶ所でたっぷり      

探鳥できたわけで、大満足でした。            Iphone5_046r_2

ワイバードさん。今日もキクイタダキ

とホシガラスは来ますと宣言。

その通りとなりましたが、

彼らは目的の鳥を呼び寄せる

魔力?神通力?があるようです。

今回で2度目のツアー参加ですが・・・

今回のバードガイドされた

石田さんと田仲さん。鳥たちを

呼び寄せて、ありがとうございます。

また、次の機会、参加したら、同じように鳥たちを

呼び寄せてください。よろしく!

富士山五合目・水場の鳥たち①

Dsc09187r_2 Dsc08924r_3 Dsc08562r_2

先週末、探鳥専門旅行会社のワイバードさん企画の

「富士山五合目探鳥会」へ行って 来ました。

富士山が世界遺産に登録され、初めての富士山

行きでしたが、 ツアーバスが富士山に近づくと、

マイカー規制で、バスはスイスイと目的地へ。

Dsc09046r_2

探鳥場所は標高2,200mの奥庭自然公園。

Dsc09014r_2

その中にある山小屋の「奥庭荘」が目的地。

Dsc09013r

で、鳥たちが水浴びに来るという水場が、何とウオッチャーから

5~6mしかない至近距離。

当初、50mぐらいの距離と想定していたので、びっくり。

Dsc08562r

これなら300ミリの望遠レンズで十分と大いに助かった。

今回、水場で一番多く出現したルリビタキとホシガラスを

パート1として取り上げ、その他、ウソ、カヤクグリ、

キクイタダキなどを、次回アップしていきます。

何せ、数百枚、写真撮りしたので、なかなか整理が

つかいないのが本音・・・

で、幸せの青い鳥・ルリビタキ。

オスの成鳥はわかりやすいが、今回、オスの幼鳥、メス、

メスの幼鳥と思われる、ルリビタキファミリーが現れ一応、

識別したものの、自信がない。

私のブログを見て、間違いがあれば、コメント欄にて

指摘してください。

実際、いままで、オスの成鳥しか見たことがないので。


ルリビタキ・オス成鳥

美しいし、絵になる。水浴びすると、どの鳥も、

シャンプー水洗いした後のワンちゃんのように、

ショボクなりますが・・・

水場に現れる鳥たちは、前ぶれの鳴き声が聞こえ、

水場近くの木の枝に止まる。

そして、様子をうかがう。更に、水場の岩のてっぺんに

降り、水場に誰もいないことを確かめ、入水する。

ただし、先客が同じ仲間なら安心して降りてくる。

だから、一時、水場はルリビタキのオスやメス、

幼鳥たちが占拠したりした。

Dsc09187r

Dsc09188r

Dsc08974r

岩の上で様子見

Dsc09197r

水場に降りて

Dsc08981r_2

前のめりで水浴び

Dsc08984r

キモチイイ~

Dsc08987r

さあ!他へ行こう・・・

Dsc08988r


ルリビタキ・オス幼鳥

成鳥より青味が薄いのがオスの幼鳥と言われている。

Dsc08989br

水浴びします!

Dsc09003r

ショボクなったボクを見たな!

Dsc09006r


ルリビタキのメス

Dsc09059r

私も水浴びしよう~と!

Dsc09063r_2 Dsc09065r


ルリビタキ・メスの幼鳥?

私は誰でしょう?

Dsc09078r Dsc09082r

ルリビタキ・メスの幼鳥?私だけが知っている・・・

さあ~水浴び、するよ・・・

Dsc09225r

Dsc09226r Dsc09227r

Dsc09228r Dsc09229r

う~ん 目が回る!

Dsc09230r

さて、次は高地でしか棲息しないというホシガラス。

私は初めての出会いでした。

体色は黒茶色だが、白い斑点が縞をなしているため、

星空のように見えかわいい。


愛嬌あるホシガラス

Dsc09202br

Dsc08911r

岩の上で。サマになっている?

Dsc08933r

この水場、オレが占領だ!文句あっか!

Dsc08920r

いくぜ!カラスの行水!イエ、私はホシガラスです。

Dsc08923r Dsc08924r_2

カラスの行水、もとい、ホシガラスの水浴び見た?

Dsc08925r_2

もう1回いくか。

Dsc08927r

どう?オレの水浴び、満足した?

Dsc08931r

ホシガラスは2羽、水場に来ていたんだよ。わかった?

君に言われなくても、何度も水浴びする1羽と、

ちょっと水浴びして、直ぐ飛び立つ様子で、

君と違う仲間がいたとわかったよ。

Dsc09236r_3
























行く夏・気象予報の迷走!

不信感つのる気象庁の予報

Dsc08479bbr

今年の夏は「千年猛暑」と1000年に一度の灼熱地獄の

ような暑さになると、一部の気象専門家は指摘していた。

実は、今年1月、NASAの発表で

「今年は過去最高の暑さになる」と、警戒令を出していた。

一方、気象庁は2月25日発表の「寒・暖候期予報」で、

6月から8月を平年並みと、猛暑は予測していなかった。

しかも、7月19日発表の1ヶ月全国予報では、「低温多雨」と

猛暑の言葉は全く出てこなかった。

それが、8月16日発表の1ヶ月予報で、高温傾向が

しばらく続くと平気で予報。7月19日発表の予報の

外れを訂正することなく。

こんないい加減な予報で良いのでしょうか。

気象庁の予報に左右されている業界が日本には

たくさんある。予測が外れると業種によっては

大きな痛手となる。お粗末きまわりないですね。

Dsc08483br

その原因は、気象予報の仕組みに問題があります。

気象庁の予報官は数人いて、予報を発表する検討会で、

例えばある予報官は、今夏は冷夏と予測。

また、ある予報官は猛暑と予測。それぞれの予測は

最後均されて、平年並みという予報が出ることが多い。

最近は数字による確率予報が出ており、

平年より高い確率が30%。低い確率が30%。

平年並みが40%。これでは、いくら確率予報を出してても、

暑い夏なのか、涼しい夏なのか、さっぱりわからない。

予測を外す予報官を辞めてもらうなり、

予測精度の高い予報官の予報を採用するだとか、

仕組みを変えない限り、今後もお粗末な気象予報は

続くでしょうね。だから、民間の気象予報会社と契約する

企業が急増しているわけです。

Dsc08487r


2010年の猛暑

3年前の2010年の夏は、今年と同じように猛暑でした。

この時の予報はある程度当たりました。

2010年の夏(6月~8月)は、平気気温が過去113年で

最も高くなり、全国的に記録的な高温となりました。

気象庁は9月3日、そういう状況を受け、

「異常気象分析検討会」を開催。

その要因分析を大きく次の3点で説明しています。

①2010年、春にエルニーニョ現象が終息して、

ラニーニャ現象が発生。北半球中緯度対流圏の気温が

長期的に上昇。

②上層のチベット高気圧の日本への張り出しと勢力の強い

太平洋高気圧の影響。

③冷涼なオホーツク海高気圧の影響をほとんど

受けなかった。

Dsc08509br


2013年夏の猛暑

で、2013年の夏、何故、猛暑が予測できなかったか?

それは8月9日、気象庁発表では「ラニーニャ現象は発生して

いない。今後も平常の状態が続く」と。

つまり、ラニーニャ現象が発生する予測が見えなかったし、

実際、発生していないので、猛暑と予報できなかった

ということです。

Dsc08477br

今夏は、2010年夏と比べ同じ傾向なのは、冷涼な

オホーツク海高気圧の影響を受けていないこと。

前回より上空にあるチベット高気圧の勢力が強く、

太平洋高気圧とともに、ダブル高気圧が原因で猛暑に

なっているということです。

ところで、ラニーニャ現象は発生していなくても、インド洋東部の

海水温が高いという状態が続いており、猛暑の要因のひとつに

なっていると、民間気象会社では言っています。

Dsc08513br

エルニーニョやラニーニャの観測地点区域は、

太平洋赤道域の日付変更線付近から南米ペルー沿岸に

かけての広い海域となっています。

その海域での海面水温が平年より高いか低いか(1年ほど

続く状態)によって、高ければエルニーニョ。低ければ

ラニーニャ。これは気象学の基本ですが、気象変動が

強くなっている今日、ラニーニャが発生していないから

猛暑にはならないと予報することそのものが時代遅れ。

気象庁の予報のありかたそのものを改革、改善して

いかないと、日本の明日の気象予報はないですね。

Dsc08515br

Dsc08503br

Dsc08508br

なお、写真のセミやバッタ、花などは我が家そばの

公園で撮ったものです。

八王子祭り・天狐の舞!

Dsc08194r_2 Dsc08159r Dsc08280cr_2

八王子祭り

八王子祭りは毎年、8月初めに東京都八王子市で    

開催されている関東でも有数の最大の祭りです。

Dsc08262br

祭りのメインは江戸時代から続く町内会の氏子を

中心とする山車祭り。

関東屈指の彫刻装飾がほどこされた19台の山車に    

よる巡行が有名。

Dsc08178r_2

山車祭りと同時開催されている多賀神社の祭礼を、

「上の祭り」。

八雲八幡神社の祭礼を「下の祭り」として親しまれて

います。

祭りの始まりは昭和36年

(1961年)で、第1回市民祭                 Dsc08267r

としてでした。

今年で53回目となった

八王子祭りは、8月2日~

4日の期間で開催され、

76万人の人出で、過去最高

だったようです。

ということで、山車祭りに焦点をあて、お囃子に合わせて

舞う天狐の舞。そして、はやし方さんたちも

激写?しています。


天狐の舞

上に羽織る装束は、赤、白、ベージュなどいろいろあるようだ。

Dsc08188br

Dsc08194r

Dsc08212r

Dsc08163r_2

Dsc08216br


ひょっとこ踊り

何故かある山車でひょっとこの舞いというより踊りが

あった。お笑いのサービスなのか???

Dsc08271r


祭りを支える囃子方さん

祭り囃子で大太鼓、小太鼓、笛、鉦などを演奏する

囃子方さん。華やかな天狐の舞いの後ろで

たんたんと演奏。

皆さん、真剣な目で祭りを盛り上げている。

Dsc08238br

Dsc08308br

Dsc08168r_2


Dsc08280cr


山車の屋根の男衆

山車の一番高い所に立ち、提灯を持って

突き進む姿は、きりっと凛々しい。

Dsc08170cr

Dsc08193r

祭りは人をワクワクさせる。祭りの見物客は

みんな笑顔で楽しそう。日本人には、古来より脈々と

祭り好きの血が流れているのだろう。

Dsc08265r













緑陰深い浄智寺

Dsc07713r Dsc07681r Dsc07761r


鎌倉五山 第4位の浄智寺

7月初め、JR北鎌倉駅から10分ほど歩いた所にある、

臨済宗円覚寺派の浄智寺へ行ってきました。

このお寺は鎌倉五山第4位の古刹。

Dsc07658r

Dsc07669r

高麗門という形式の惣門へと続く、すり減った鎌倉石の石段。

なかなかの風情だ。

Dsc07681r

この石段。映画「武士の一分」で、主人公(木村拓哉)の妻(檀れい)が

墓参するシーンで使われた。

さらに進むと最近、新しくなった中国風鐘楼門様式の山門がある。

Dsc07696r

確かに、ちょっと日本の寺院

建築物とは違う。                 Dsc07727r_2

ところで、13世紀の終わり頃の

鎌倉は、北条氏の勢力が

きわめて強く、禅宗が最も栄えた

時期です。

浄智寺の開基は北条時頼の

三男宗政が29才の若さで没し、

宗政夫人が一族の助けを得て、

中国の名僧を招いて実現したと        Dsc07728r

言われています。

このお寺も他の禅寺同様、

丘を背負い、竹や杉の多い

境内に、長い歴史を持った

禅刹にふさわしい、閑寂な

たたずまいが保たれています。

浄智寺は緑深きお寺という言葉が、

一番あてはまるように思われます。

Dsc07703r Dsc07706r

Dsc07704r


Dsc07715r

Dsc07717r


変わらぬ人気の布袋様

裏庭のトンネルを抜けると、            Dsc07767r_2

洞窟に弥勒菩薩の化身といわれる、

布袋尊がまつられています。

お像のおなかをなでると、

活力が沸いてくるということで、

おなかが黒ずんでいます。

布袋様を見た人は、必ず、

おなかを触っているようです。

江ノ島、鎌倉七福神のひとつ

として、お参りに来られる方も

多いという。

Dsc07761r  Dsc07765br


樹下の慈母観音

境内の細い道を歩いていると        Dsc07714r_3

高野槇の大樹下に小さな石仏。

よく見ると、大きい座禅石の上に

赤子を抱いたマリア様のような

慈母観音が。

アップして見ると、赤子を優しく

見つめる眼差しに慈しみ深い

愛が感じられる。

誰が慈母観音を彫られ、

何故、こんな所に設置・・・

私が、浄智寺で一番感動した

のが、この慈母観音です。

Dsc07710r  Dsc07713r


憂愁美の石仏群

境内の一番奥まで行くと、

やぐらと呼ばれる岩の壁に          Dsc07730r

掘った窪みがあり、たくさんの

石仏がある。

物思いにふける顔。瞑想顔。

憂愁に満ちた顔。

石仏を見ていると、何故か、

彼らに引き込まれていくような

不思議な感じになる。

私だけだろうか。

Dsc07736r  Dsc07750r

Dsc07754r  Dsc07755r

Dsc07738r

境内に少しばかり、花が咲いていた。

Dsc07785r  Dsc07787r

Dsc07794br

私は境内を一回りして、緑陰深き浄智寺を後にした。

感謝!3万アクセス記念号・スイーツ&お土産ベスト30

Dsc06138r_2 Dsc06105br_2 Dsc05730br_2

8月4日に、おかげさまで3万アクセス達成!

これもひとえに、ココログで応援いただいている方々や、

フェイスブックの友達のおかげだと思っています。

5月20日に25,000アクセスに到達してから、

2ヶ月半ほどでの30,000アクセス。

週に1回か、10日に1回でしか更新できていない私の

ブログを、辛抱強く見ていただいている方々に感謝です。

で、今回は30,000アクセス記念特集号として、私が

今まで食べたスイーツや土産物(お菓子類)で、お勧めの

物をベスト30という形で、ご紹介したいと思います。

全国には私の知らない絶品スイーツや話題の土産物などが、

たくさんあると思いますが、私の限られた行動範囲の中での

ご紹介。ひとつでも、皆さんのお役に立てれば幸いです。


東北編

(1)りんごクッキー「津軽」

文庫本ではありません。中身はりんごのクッキーです。

青森駅裏にある「A-FACTORY」で見つけた土産物。

知的?で変わったお土産なので、観光客のまとめ買いが多いこと。

このパッケージ、我が家の本棚に文庫本っぽく飾っています。

Imgp2417r Imgp2414r

(2)ミニかもめの玉子・りんご

盛岡駅ビルフェザン1階の「おでんせ土産館」で購入。

東北大震災で本社ビルが崩壊した「さいとう製菓」。

震災復興の先導役になりたいと4月から、「かもめの玉子」を生産開始。

東北復興応援に一役買いたかった一品。

Dsc06138r

(3)幻のリンゴによる焼きりんご缶詰

秋田内陸縦貫鉄道の阿仁合駅売店でゲット。何でも生産量の少ない

幻のりんごと言われた伏影産「ふじ」。これを丸ごと焼きリンゴにした缶詰。

これは絶品で美味。年間、販売はしていないようです。

Img_0115r

(4)昆布羊羹「より藻」

八戸駅隣接の市の施設「ユートリー」土産物コーナーで購入。

北海道産白インゲンの羊羹を北の海で取れた昆布でサンド。

磯の香がただよう絶品の羊羹。過去、お菓子の博覧会で大臣賞を

受賞したという逸品です。

Dsc07643br Dsc07651br

(5)ずんだスイートサンドパイ

仙台駅の土産物屋さんで購入。伊達公の勇姿が印刷され、英字の

パッケージがいい。ずんだは伊達公が命名したということで、

伊達公ゆかりのお土産物として最適かも。

Dsc07850br Dsc07877br

(6)啄木のうた

これも盛岡駅ビルフェザン1階「おでんせ土産館」で見つけたお菓子。

啄木の詩が印刷されたパッケージのお菓子は珍しい。

啄木ファンにはうってつけのお土産。ふちがグリーンは木の実の餡。

ピンクは栗餡。ブルーはレーズン入り。どれも薄いパン生地で

焼き上げたお菓子。

Dsc06129r


関東・東海編

(7)御用邸クッキー

宇都宮駅ビルパセオ2階・グラスボックスで購入。

栃木土産物ベスト3に入っている「御用邸チーズケーキ」の子分。

チーズの濃厚な味がするこのクッキー。ワインやビールの

つまみにも最適。また、小箱入りなので、ご近所に配るのにも便利。

Dsc05831br

(8)日光・チーズたまご

バスツアーで立ち寄った日光の土産物屋さんで購入。

日光は日光カステラで有名ですが、新しい土産物として

これに力を入れているとか。かなり濃厚なチーズ味で、

かもめの玉子風に玉子の形になっているのがいい。

Imgp4031r

(9)大湧谷の黒たまご

先々月、遊びに行った大湧谷の行列ができるという

黒たまごを売っている店でゲット。これを1個食べると7年、

寿命が延びるとか。でも5個一度に全部食べると、逆に

寿命が縮むそうなので、ほどほどに・・・

Dsc06408br

(10)KIHACHIのソフトクリーム

東名海老名サービスエリア下り線にある「KIHACHI」で食べた

ソフトクリーム。「プレミアムソフト 西尾抹茶&バニラ」。

抹茶とあずきがほどよく混ざり、美味でした。

Kihachi

(11)ぽるとがる ミニメロンパン&プレミアムカレーパン

これも海老名SA下り線にある、最も有名で一番売れている

メロンパンの「ぽるとがる」ショップ。パッケージ容器入りの

ミニメロンパンは一口サイズなので、食べやすい。

鹿児島黒豚を使ったカレーパンはジューシーな黒豚の肉と

カレー味が融合し、サクサクとした新食感でうまい。

Minimeron

(12)鎌倉ジャーマンの「鎌倉カスター」

シュークリームとショートケーキのおいしさを一つにした洋菓子。

定番のカスタード(左)、ストロベリー(真ん中)、ブルーベリー(右)、

その他紅茶、チョコレートなど数種類あり、とろけるような

美味なクリームを一度味わうと、やみつきになります。

本店は鎌倉駅前にあります。(購入したのは横浜そごう)

Dsc05314r

(13)青山リングリングのチーズケーキ

町田モディ(ファッションビル)入り口で購入した青山リングリングの

「チーズケーキ」と「チーズカスタネット」。

どちらも一口サイズで食べられ、かなり濃厚なチーズ味。

透明な容器入りなので、小分けして持ち運ぶのにも便利。

Dsc05849br

(14)鎌倉源吉兆庵の和菓子

鎌倉源吉兆庵は本店が鎌倉小町通りにある老舗の和菓子屋さん。

左は「清水かげ」でぷるんぷるんのわらび餅を薄小豆羊羹に

閉じ込めたもの。真ん中が波形の洋風せんべいにクリームを

はさみこんだ「鎌倉せんべい」。右側が栗とさつま芋を合わせた

あんと、こしあんを包んだ焼き饅頭の「織部錦」。どれも上品な

お味で、美味そのもの。ご進物にも最適。

Dsc05927br

(15)日本橋屋長兵衛の「金魚すくい」

ご近所からのいただき物ですが、今の時期、このような

涼菓は見た目にも涼しくていい。日本橋屋長兵衛は創作和菓子で

有名ですが、源吉兆庵グループのひとつ。日本の和菓子伝統

文化が受け継がれているという感じ。

Dsc05616brr

(16)オー・ファン・パレのフルーツタルト

タルトショップ「FLO」に対抗する新興勢力のオー・ファン・パレ。

町田ルミネ2階入り口付近にオープンした、比較的新しいショップ。

何でも、土台はスペイン産マルコナアーモンドを使ったタルト生地だ

そうで、素材にこだわりがあるようです。ケーキは小さめですが、

甘過ぎず食べやすい。これは女性に相当受けるのでは・・・

Dsc05700r

(17)パティスリー タダシ・ヤナギのプティ・ガトー

今や雑誌、テレビなどで全国的に有名になった海老名の巨匠

パティスリー・タダシ・ヤナギがプロデュースする創作洋菓子の数々。

どれもきめ細やかなケーキの芸術。しかも甘さを抑えた大人の

味が私たちを魅了します。この写真はいちごやフルーツを使った

プティ・ガトーで、天下一品のおいしさ。

丸井海老名店1階のお店で時々、旬ものを買い求めています。

Dsc06105br

(18)丹沢あんぱん

地元神奈川で作られている隠れた逸品!「丹沢 あんぱん」。

丹沢山系にちなんで、山をかたどって、こんもりと盛り上がった

形のあんぱん。 小さいのにたっぷりあんが入って、和菓子のような仕上り。

餡は絶えず10数類あり、左の写真はこしあん。ゆず、栗、かぼちゃ・・・

これだけ種類があると、もはやあんぱんの領域を超え、スイーツの

世界です。全種類の丹沢あんぱんの制覇を目指しています。

相鉄横浜駅構内のショップで。

Img_9826br Img_3944r

(19)She Knows Bakery の焼きドーナツ

ベーグル専門店「ベーグル&ベーグル」が展開する新業態の

ベイクドドーナツショップ「She Knows Bakery」。

東京駅構内地下1階のグランスタ内に昨年10月にオープン。

お店イチオシのレモンティ。その他、グリーンティ、プレーン、

ダブルチョコレートなどを買いましたが、どれもしっとりとして柔らかく、

新食感の焼きドーナツです。

このお店は、焼きドーナツ中心にタルト、スコーン、シナモンロールなど

多彩に品揃え。ワンハンドフード専門店として注目を浴びています。

12月に、東急電鉄武蔵小杉駅改札前に、ベーグル&ベーグルとコラボして

She Kows Bakeryがオープンしています。

Beigudo She_knows1r

(20)紀ノ国屋の相国最中。

私は、全国数ある中の最中で、おそらく紀ノ国屋の相国最中は別格の

逸品だと思っています。箱詰めされた相国最中は一瞬、四角い

山吹色の小判が(そんなのないけど)ぎっしり詰まった感じで、

見栄えが良い。大納言餡と栗餡の2種類ありますが、断然、大納言。

滋賀県産もち米入りの大納言は、小豆がこだわりの北海道産で

餡がこの上なく美味。相国最中は、お茶うけにも良し。ご進物にも良し。

と、私が一番お勧めの和菓子です。

三多摩地区や海老名、町田でも店舗があり、私はいつも

セレオ八王子の紀ノ国屋さんで購入。進物に利用しています。

Dsc08345br

(21)安倍川もち

静岡県のお土産と言えば、何といっても「安倍川もち」

東海道新幹線ができる前から、上京や帰省の時に、

たびたび、車内販売で買って、持ち帰りました。

従来のきな粉と小豆にプラス?され、抹茶もおいしい。

Dsc07895br_2

(22)田子の月最中

ご近所からよくいただいている「田子の月最中」。角最中。渋皮栗入り最中。

黒胡麻最中の3種。 私もかみさんもこの最中を、いつもおいしく

いただいています。この最中。原料は餅米の最高峰とされる

宮城県産「みやこがねもち」で、手間暇をかけ、焼かれたもので、

最中が好きでない人も、一度食べたら、好きになるとういう逸品。

Dsc07836br


西日本編

(23)青花わらび餅と青花入り饅頭

草津駅横に、「うばがもちや」という老舗の和菓子屋さんがあり、

そこで見つけた和菓子。何でも、この青花わらび餅。

江戸時代、友禅染の下絵に使われた「青花」の粉末を、

わらび餅に加えて、餡(あんこ)玉を包んだ、この店独自の涼菓とのこと。

青花は露草の一種でオオボウシバナと言い、草津川沿いの農家で、

今も栽培されていると、お店の方が教えてくれました。

味は抹茶に似た風味があり、ちょっと苦味があるものの、

あんこと調和し、舌ざわりなめらかで美味な銘菓です。

隣の饅頭も青花の粉末入りで、抹茶風味ながら程よい甘さです。

Dsc05593br

(24)京都宇治・辻利 京茶ラスク

辻利と言えば、関西で知らない人はいないほど、創業150余年の

歴史のある京都宇治茶の総本家。ところが、今は、抹茶スイーツの

辻利の名前が関東にも届いている。京都駅にて購入。

辻利パフェ。辻利ラスク。辻利アイス。辻利抹茶ミルク・・・宇治茶の伝統と

匠の技が、古くて新しい感覚のスイーツを作り、時代の流れに乗っている

という感じですね。

この京茶ラスク。サクサクと食べ、口の中に抹茶の香りがふわっと残る。

ラスクだけど甘さを抑えた香ばしい風味があって、お茶菓子としては

最高ですね!

Dsc05730br

(25)宝塚の「寶(たから)もなか」

宝塚の商業施設で、お土産として購入した永楽庵の「寶もなか」。

小判や分銅、巾着など縁起の良い形をした最中。皮は香ばしくいい香り。

中のつぶあんが ほどよく甘く、昔懐かしい伝統的な美味しさ。

明治創業の永楽庵の「寶もなか」は、宝塚劇場のお土産としても

好評で、タカラジェンヌ ご用達のお店でもあるようです。

そして、宝塚名物として、地元でも古くから愛されて いるとのこと。

ご進物にも喜ばれそうですね!

Dsc06436br

(26)神戸発・はらドーナツ

神戸の老舗豆腐屋さん発のはらドーナツ。豆乳とおからを使用した

体に優しいドーナツが特徴。ヘルシーで安心ドーナツが売りの

はらドーナツは、関東圏の駅ビル、丸井などで店舗が増加中。

プレーンな「はらドーナツ」が一番おいしいと思いますが、

「サトウキビ」「丹波黒豆きなこ」「紅茶」「カフェモカ」など、種類も

豊富でそれぞれ違った美味しさが味わえる。

丸井海老名店はカフェが併設で、ランチメニューもあり、

いつもお客さんで盛況。私は丸井でドーナツを購入しています。

Dsc07094r

(27)神戸 ラスク・波の魔法箱

関西出張の折、神戸に訪れたので、神戸土産としてゲットしたのがこれ。

神戸モリーママのラスク:波の魔法箱。プレーン、アールグレイ、メイプルと

3種類のラスクの中から定番のプレーンを選んだ。

神戸港の波をイメージした波打つパッケージ。そして、神戸港に浮かぶ

帆船をもイメージした黒いパッケージは結構、インパクトがあります。

ラスクは程よい甘さで、神戸土産物としては最適かも。

Dsc06470br Dsc06449r

(28)八天堂のくりーむパン

八天堂は広島県三原市港町発の和菓子屋さんで、創業昭和8年と古い。

関東では東京駅、品川駅などのエキナカに出店していますが、町田、

海老名といった郊外の駅改札近くで、よく臨時販売しています。

写真は「酒種あんぱん 幻」と「くりーむパン 抹茶」。

「酒種あんぱん 幻」は、たっぷりつぶあんに、ほのかにお酒の

香りがして、上品なお味でうまい。「くりーむパン 抹茶」は

八女茶をクリームと合わせた抹茶クリームということだが、

抹茶の香りがちょっと弱い。

八天堂のくりーむパンは、私的に1番がカスタード。二番が小倉。

3番が生クリームですが、皆さんはいかがでしょうか。

Dsc05913br

(29)防府銘菓  天満宮!

実家から戻ってきたかみさんのお土産。防府天満宮の名前を

ずばり使った「天満宮」。バター風味豊かなマドレーヌ生地で、

小豆あんを包み焼き上げた洋菓子。包装の梅マークがいい。

天満宮は程よい甘さの上品なお菓子です。

Dsc08029br Dsc08019br

(30)阿蘇外輪どーなつ

娘が九州を旅行した折、阿蘇で購入したお土産!鶏卵など地元食材を

使ったご当地ドーナツは、ふわふわでやわらかく、甘みを抑えて

なかなか美味い! 以前、青森・陸奥横浜の菜の花を見に行った時、

現地の道の駅で食べた菜の花ドーナツも、菜の花の香りがして、

いしかった記憶があります。

皆さん!美味しいご当地ドーナツをご存知でしたら、教えてください!

Imgp3936br

みちのくのパワースポット!みちのくあじさい園!

山の中のあじさい園

Dsc07522r Dsc07574r_2 Dsc07534r

JR一ノ関駅から車で20数分

走った山里に、                           Img_1025r

「みちのくあじさい園」があります。

あじさいの見ごろは、例年6月末

から7月末までのようで、

私は4年前、友人の車に便乗し、

7月初めに、行ってきました。

東京ドーム3個分の広大な

杉山の中に、300種、3万株の

あじさいが咲き誇る光景は、    Img_5271r

まさに東北の一大パワースポットと

言えるでしょう。

何せ山なので、坂の小道を登ったり

降りたりと、結構、疲れます。

まともに、じっくりと全コース歩くと、

3~4時間かかるので、マップ

片手に見所のポイント中心に

1時間半程度歩きました。

杉木立と様々な種類のアジサイ。杉木立の中。山の斜面。

遊歩道と杉とアジサイのコラボは、どれも見ごたえがあります。

Dsc07530r


山の斜面のアジサイ

Dsc07514r

Dsc07597r

Dsc07508r  Dsc07510r


杉木立の中のアジサイ

Dsc07497r

Dsc07498r

Dsc07589r

Dsc07594r

Dsc07606b


遊歩道脇のアジサイ

Dsc07561r

Dsc07559r

Dsc07576r

Dsc07578r_2 Dsc07499r

Dsc07556b


杉並木と遊歩道のアジサイ

Dsc07502r

Dsc07574r

Dsc07584r

Dsc07624r


アジサイを愛でる

300種類あるというアジサイの

うち、私が撮ったのはごく一部。

もっと素敵なアジサイがあると

思うのですが・・・

今度、ここへ来れたら、

半日、時間を割いて、くまなく

撮影したいと思います。

ブルースカイ

Dsc07559r_2

ピコティ(1)

Dsc07540r

フラウ・マリコ

Dsc07549r

フラウ・トシコ

Dsc07546r_2

ピコティ(2)

Dsc07543r

色が変化する カメレオン

ピンク、グリーン、レッドと色変化するところから

カメレオンと呼ばれています。

Dsc07524r

幻のアジサイ 七段花

この七段花は、シーボルトが出版した「日本植物誌」の

中で、紹介されました。しかし、実物を見た人はいなく、

絶滅したと考えられていました。

ところが、1959年、130年ぶりに神戸・六甲山の

山中で発見。一般的なガクアジサイやヤマアジサイ

とは異なった、気品ある風情が感じられます。

Dsc07567bbr

その他名前のわからない美しいアジサイ

Dsc07615r Dsc07537r

Dsc07535r Dsc07534r

Dsc07533r Dsc07528r

Dsc07531r

Dsc07612r

Dsc07562r















« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30