無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« 八王子祭り・天狐の舞! | トップページ | 富士山五合目・水場の鳥たち① »

行く夏・気象予報の迷走!

不信感つのる気象庁の予報

Dsc08479bbr

今年の夏は「千年猛暑」と1000年に一度の灼熱地獄の

ような暑さになると、一部の気象専門家は指摘していた。

実は、今年1月、NASAの発表で

「今年は過去最高の暑さになる」と、警戒令を出していた。

一方、気象庁は2月25日発表の「寒・暖候期予報」で、

6月から8月を平年並みと、猛暑は予測していなかった。

しかも、7月19日発表の1ヶ月全国予報では、「低温多雨」と

猛暑の言葉は全く出てこなかった。

それが、8月16日発表の1ヶ月予報で、高温傾向が

しばらく続くと平気で予報。7月19日発表の予報の

外れを訂正することなく。

こんないい加減な予報で良いのでしょうか。

気象庁の予報に左右されている業界が日本には

たくさんある。予測が外れると業種によっては

大きな痛手となる。お粗末きまわりないですね。

Dsc08483br

その原因は、気象予報の仕組みに問題があります。

気象庁の予報官は数人いて、予報を発表する検討会で、

例えばある予報官は、今夏は冷夏と予測。

また、ある予報官は猛暑と予測。それぞれの予測は

最後均されて、平年並みという予報が出ることが多い。

最近は数字による確率予報が出ており、

平年より高い確率が30%。低い確率が30%。

平年並みが40%。これでは、いくら確率予報を出してても、

暑い夏なのか、涼しい夏なのか、さっぱりわからない。

予測を外す予報官を辞めてもらうなり、

予測精度の高い予報官の予報を採用するだとか、

仕組みを変えない限り、今後もお粗末な気象予報は

続くでしょうね。だから、民間の気象予報会社と契約する

企業が急増しているわけです。

Dsc08487r


2010年の猛暑

3年前の2010年の夏は、今年と同じように猛暑でした。

この時の予報はある程度当たりました。

2010年の夏(6月~8月)は、平気気温が過去113年で

最も高くなり、全国的に記録的な高温となりました。

気象庁は9月3日、そういう状況を受け、

「異常気象分析検討会」を開催。

その要因分析を大きく次の3点で説明しています。

①2010年、春にエルニーニョ現象が終息して、

ラニーニャ現象が発生。北半球中緯度対流圏の気温が

長期的に上昇。

②上層のチベット高気圧の日本への張り出しと勢力の強い

太平洋高気圧の影響。

③冷涼なオホーツク海高気圧の影響をほとんど

受けなかった。

Dsc08509br


2013年夏の猛暑

で、2013年の夏、何故、猛暑が予測できなかったか?

それは8月9日、気象庁発表では「ラニーニャ現象は発生して

いない。今後も平常の状態が続く」と。

つまり、ラニーニャ現象が発生する予測が見えなかったし、

実際、発生していないので、猛暑と予報できなかった

ということです。

Dsc08477br

今夏は、2010年夏と比べ同じ傾向なのは、冷涼な

オホーツク海高気圧の影響を受けていないこと。

前回より上空にあるチベット高気圧の勢力が強く、

太平洋高気圧とともに、ダブル高気圧が原因で猛暑に

なっているということです。

ところで、ラニーニャ現象は発生していなくても、インド洋東部の

海水温が高いという状態が続いており、猛暑の要因のひとつに

なっていると、民間気象会社では言っています。

Dsc08513br

エルニーニョやラニーニャの観測地点区域は、

太平洋赤道域の日付変更線付近から南米ペルー沿岸に

かけての広い海域となっています。

その海域での海面水温が平年より高いか低いか(1年ほど

続く状態)によって、高ければエルニーニョ。低ければ

ラニーニャ。これは気象学の基本ですが、気象変動が

強くなっている今日、ラニーニャが発生していないから

猛暑にはならないと予報することそのものが時代遅れ。

気象庁の予報のありかたそのものを改革、改善して

いかないと、日本の明日の気象予報はないですね。

Dsc08515br

Dsc08503br

Dsc08508br

なお、写真のセミやバッタ、花などは我が家そばの

公園で撮ったものです。

« 八王子祭り・天狐の舞! | トップページ | 富士山五合目・水場の鳥たち① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530317/58036049

この記事へのトラックバック一覧です: 行く夏・気象予報の迷走!:

« 八王子祭り・天狐の舞! | トップページ | 富士山五合目・水場の鳥たち① »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30