無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« 三番瀬:ミヤコドリとハマシギ | トップページ | 大塚池に冬鳥到来②! »

大塚池に冬鳥到来①!

Dsc02143r_2 Dsc02168r Dsc02154r_2

大塚池・2013年、ハクチョウ飛来

常磐線赤塚駅から徒歩十数分の所に、16haの広さの

こじんまりとした水戸・大塚池があります。

Dsc02193r

住宅に囲まれたこの池は、関東有数のハクチョウ飛来地で、

市民の憩いの場になっています。

一方、ハクチョウやカモたちにとっても、大塚池は

安心して安らげる場所になっています。

Dsc02026r Dsc02099r

今年も10月中旬からハクチョウの初飛来があったようで、

私は11月初め、ハクチョウを確認するため大塚池を訪れました。

ここ数年、秋と春。定点観測で大塚池に訪れています。

Dsc02192r

いました。いました。60羽ほど。しかも幼鳥が4羽と

成鳥と3,000キロの長旅をしてきた幼鳥に拍手。

Dsc02143r

昨年は幼鳥を見かけなかっただけにうれしいですね。

Dsc02131r

親鳥が幼鳥たちをしっかり見守っています。

ところで、大塚池に飛来するハクチョウはほとんどが

オオハクチョウで、ピーク時は400羽ほどになります。

総じて東日本側に飛来するハクチョウはコハクチョウが

多いのですが、何故か大塚池だけはオオハクチョウで

関東一の飛来となっています。

Dsc02186r

そんなハクチョウの群れの中で、一本足で寝る奇妙な

1羽を見つけました。

Dsc02154r

全長140センチ。体重10kg前後の重い体を、よくも1本足で、

支えられるものですね。セイタカシギなどシギチが浅瀬に

一本足で寝ている姿は良く見かけますが・・・

Dsc02160r

一本足のまま、むっくり起き上がった姿。何とも・・・

Dsc02185r

これから仲間が増えてきて、ディスプレイ(求愛)が

見れることでしょう。楽しみです。来月も、定点観測で

大塚池を訪れるつもりです。

次回は「大塚池に冬鳥到来②」にて、カモを取り上げます。


« 三番瀬:ミヤコドリとハマシギ | トップページ | 大塚池に冬鳥到来②! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530317/58568656

この記事へのトラックバック一覧です: 大塚池に冬鳥到来①!:

« 三番瀬:ミヤコドリとハマシギ | トップページ | 大塚池に冬鳥到来②! »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30