無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« 大塚池に冬鳥到来①! | トップページ | 高尾山へ初紅葉狩り! »

大塚池に冬鳥到来②!

大塚池の冬鳥たち

大塚池に冬のカモたちも飛来。

トップバッターはマガモのペア!

Dsc02136r

次にヒドリガモ。

Dsc02000r

さらにオナガガモ。

Dsc02214r

そしてキンクロハジロのペア。

Dsc02235r

さて、ここから判別がちょっと難しいカモたち。

オナガガモのメス(正面)。

Dsc02009r

マガモのエクリプス?

Dsc02148r

ところで、今回、初めてカモの水中交尾を見ました。

カモはヒドリガモで、オスが突然、メスを水中に

押し込み、水中交尾。そして、メスが水面に浮上。

その間、ほんの数秒のドラマでした。

Dsc02035r

                ↓

Dsc02038r

            ↓
Dsc02040r

いやはや、スクープ写真?カモたちの営みを垣間見て、

ウオッチングは止められないという感じですね。

さて、カモと仲間は違うカイツブリ科のカンムリカイツブリの

冬羽と夏羽を同時に見ることができました。

これもラッキー。最初に冬羽のカンムリカイツブリ。

Dsc02034r

次が夏羽のカンムリカイツブリ。

Dsc02082br

Dsc02090br

夏羽のカンムリカイツブリは凛々しくていいですね。

続いて、クイナ科のオオバン。

黒装束に頭が禿げ上がった感じで、ユニークな顔が何とも。

Dsc02048r

Dsc02030r

ここ大塚池はカモたちやハクチョウたちにとって、

安心して寛げる場所。

池端でご就寝中のカモたち。

Dsc02163r

しかし、人がエサまきを始めると、今まで寝ていた子が

突然、むっくりと起き上がり、えさ場へ急行。

その変わり身の早いこと。

Dsc02164r

Dsc01996r

人間がエサまきして群がるカモやハクチョウたちは

野鳥と言えないかも知れませんが、彼らとの交流で、

私たちの心が癒されることは確かですね。

Dsc02029r

Dsc02014r

おっと、ここで忘れてはいけない野鳥に

大塚池の主であるコクチョウの存在があります。

冬鳥ではありませんが、いつも、3~5羽のコクチョウが

、しっかり縄張りを守っている様子がうかがえます。

Dsc02025r

Dsc02165r

大塚池はのどかで、いいですね。

















« 大塚池に冬鳥到来①! | トップページ | 高尾山へ初紅葉狩り! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530317/58580353

この記事へのトラックバック一覧です: 大塚池に冬鳥到来②!:

« 大塚池に冬鳥到来①! | トップページ | 高尾山へ初紅葉狩り! »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30