無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

小友沼再来:2014.3前篇!

Dsc07881b_edited1 Dsc07949r Dsc07908b_edited1

再び小友沼へ

3月22日、東京を9時過ぎの

新幹線「こまち」に乗り、秋田から        Imgp4067r

特急「つがる」に乗り継ぎ東能代へ。

そして、徒歩にて小友沼へ向かった。

実は、昨年も今年と同様の行程で、

3月22日に小友沼を訪れたのです。

この3月22日を決めるまで、                  Imgp1924br

「おとも自然の会」の畠山会長と

2週間前から電話で、何度も

小友沼の状況を聞き、決行した

しだいです。

今年の東能代は昨年より雪が

少ないものの、気温が低く、                       Iphone20130326_161r

完全凍結した沼が、容易に解氷せず、

マガンの飛来が遅れていました。

マガンの飛来がいつがピークに

なるか。その予測をして電車の

切符を手配しなければならない。

でも、おかげで、3月23日の朝が

ピークとなり、22日が16万羽で、

23日が17万羽。天候も2日間とも

雪や雨に祟られることなく、まずまずで、ラッキーでした。


田んぼのマガン

小友沼へ向かう農道の両脇に        Dsc07906r

田んぼが広がっており、そこで

採餌するマガンをある程度大きく、

鮮明に撮影するのが今回の

目的のひとつ。

高倍率のデジカメや、300mmの望遠レンズで、2倍のテレコンを

使うと、白くぼやけて鮮明に写らない。

そのため、2kgもある500mmの望遠レンズを持参。

田んぼ3枚先のマガン(おそらく100m強遠い)を、何とかキャッチ。

Dsc07854r

Dsc07850b_edited1

この日、風速10メートル以上の冷たい風が吹き、

3脚なしの手持ち撮影では写真がブレてうまく撮れない。

でも、まあ、何とか撮れたという感じ・・・

さて、彼らは警戒モードに入っていました。

Dsc07860r



田んぼのハクチョウ

一方、人なつこいハクチョウ(特にオオハク)は、

農道わきの田んぼで採餌。

Dsc07985r

雪解けの水分を含んだ田んぼで、泥んこになって

採餌するハクチョウたち。顔が泥だらけになって・・・

Dsc07951r

コハクは監視役がいて、私の方を警戒。

Dsc07931r

田んぼの上を飛翔するハクチョウ。

Dsc08055r

着地態勢に入ったハクチョウ家族

Dsc08128r

無事着地!

Dsc08132r


凍結の小友沼

さて、小友沼に3時半頃到着。沼はご覧の通り、

一面凍結。しかし、沼奥で氷が解けている部分があり、

ハクチョウが100羽ほど、既に入っていました。

Iphone20130326_162r

この日の解氷率は30%。この程度、氷が解けていれば、

10万羽以上のマガンは沼に入るとのこと。

実際、22日16万羽のマガンが、朝、飛び立っている。

Iphone20130326_168r

「おとも自然の会」では、観察小屋で、このように

春秋、毎日、マガンやハクチョウたちの飛来数を

カウントし、記録している。

そして、週1回、能代市に観察資料を渡し、

能代市のホームページ内「小友沼の概要」にて、

私たちに渡り鳥たちの渡来数を公開している。

ちなみ2001年からの過去データがあり、

私は過去、そのデータをもとに小友沼行きを決めています。


マガンのねぐら入り

3月22日の日の入りは17時53分でした。

日の入り前に沼に入るマガンの数は少なく、

それも200~300羽単位と小グループで、

1万~2万羽によるねぐら立ちと比べると迫力不足。

パラパラ、三々五々、ねぐら入り。

年々、マガンのねぐら入りが、遅くなっているようで、

大半はすっかり暗くなってから沼に入るようです。

Dsc08171r

Dsc08270r

明日はいよいよマガンのねぐらた立ち。

丁度、「おとも自然の会」でマガンねぐら立ち観察会を、

5時20分から行うということで、早めに民宿へ戻りました。

谷津干潟・セイタカシギ特集!

Dsc05650wr_2 Dsc05661r_2 Dsc05664r_2

谷津干潟のセイタカシギ

千葉県習志野市の谷津干潟では、     Dsc09285r_2

セイタカシギが生息しており、

季節に関係なく、時折、見かけます。

セイタカシギは「水辺の貴婦人」と

言われるだけあって、

干潟や沼地を歩く姿は、本当に

貴婦人のように優雅そのもの。

赤く長いきゃしゃな足が愛くるしい。


BIRDERに私の鳥写真が掲載

ところで、野鳥専門月刊誌

「BIRDER」4月号の「ケッサク!

私の鳥写真」コーナーに応募した      Img021r

私のセイタカシギ写真が入賞し、

掲載されました。

今年の正月に、谷津干潟で

撮ったつがいのセイタカシギの

写真が入賞したのです。

文一総合出版さん、ならびに

選者の叶内先生。

ありがとうございます。

そこで、今まで谷津干潟で撮ったセイタカシギの特集を

急遽、行うことにしました。


入賞したセイタカシギ写真

Dsc05650wr

画題は「愛の協奏曲」で、つがいのセイタカシギが

水深の浅い所を並走。実像のつがいと水面に

映る2羽の虚像が、あたかも4羽いるような錯覚を

する写真になりました。

この写真以外に次のような写真も・・・

Dsc05661r

メスだけのアップ 写真

Dsc05664r

オスだけのアップ写真

Dsc05648br

Dsc05646r

並走している写真 2枚。


もう1羽のセイタカシギ

当日、谷津干潟のつがい以外に、もう1羽、遠く離れた所で、

食事中のメスのセイタカシギがいました。

Dsc05492r

何やら貝類をキャッチ。このセイタカシギ、頭部が

白く、背と肩羽の濃い茶褐色からしてメスの成鳥と

思われます。最近の図鑑で、頭部の黒色については

変異が多く、頭部が白いオスもいますが・・・

さて、顔を水面下に突っ込んで・・・

Dsc05543r

どうやらゴカイと思われる小動物を捕まえたようです。

嘴にまきつけて・・・

Dsc05544r

さあ~いただきま~す!

Dsc05546r

正面を見ると

Dsc05553r

足を交差して歩く後ろ姿の品のいい事・・・

Dsc05569r

横顔も決まっています。やはり水辺の貴婦人ですね。

Dsc05533r


抱卵するセイタカシギ

次は2012年5月初め、谷津干潟観察センターの

前にある淡水池で、板の上で抱卵している

セイタカシギのつがい写真。

Dsc01083r

Dsc01085r

セイタカシギは雌雄で抱卵する。抱卵日数は26日~27日と

言われているが、外敵に卵を捕食されるケースが多く、

卵の孵化率は2割弱のようです。

1個の卵をつがいが必死に守ろうしている様子がうかがえ 、

オスがエサ探しに飛び立った後、メスが卵を守っていました。

Dsc01110r

ところで、オスの両足に青い足環がつけられていますが、

以前、谷津干潟観察センターでつけられたようで、

つがいとなり元の場所に繁殖で戻ってきたと思われます。


立ちっぱなしのセイタカシギ

時折、干潟の水が引くのを、立ちっぱなしで

じっと待っている?セイタカシギをよく見かけます。

Img_5083br

Img_5105dr

Img_5110dr

ファミリーと思われる3羽のセイタカシギが、

何故か3羽とも一本足。片足を折りたたんでいるようです。

それにしても器用だ。少々の風にも微動だもしない。

2012年3月初めの写真。


セイタカシギの飛翔

過去、谷津干潟でセイタカシギが飛ぶ様子を

撮った写真がありますが、遠くてかなり見づらい。

いずれ大きくはっきりとした飛翔を撮りたいと思っています。

Img_5155br

2012年3月の撮影です。

セイタカシギはヨーロッパ、アフリカ、アジア南部を中心に

広く分布。日本では旅鳥または留鳥。干潟や沼地の

昆虫、エビ、カニ、甲殻類。小魚、ゴカイ、貝類などを捕食。

セイタカシギは環境省のレッドリストで、絶滅危惧Ⅱ類(VU)の

指定を受けています。

セイタカシギは、私たちにとって、貴重な野鳥であることには

間違いないですね。

セイタカシギさん、ありがとう!

 

ハクチョウ飛来地分布図!

コハクチョウとオオハクチョウ

日本にハクチョウが毎年、秋から春にかけ

6万~7万羽飛来し、各地で越冬する。

平成25年4月16日発表の

「環境省 平成24年度・第44回・ガンカモ類の生息調査ー

暫定値」(調査機関 2013年1月6日~1月20日)によると、

コハクチョウが 39,825羽 オオハクチョウが 26,621羽

でした。

1_123rr

コハクチョウ(新潟県・瓢湖)

P1030360br

オオハクチョウ(北海道・登別の幌別川白鳥テラス

調査時点での羽数が少なかったため分布から除外)

この調査は毎年、1月の前半から中旬にかけ、

全国9,000地点、、4,000人の協力を得て

実施されているわけですが、北海道、東北の湖沼では

1月の調査期間、結氷して鳥たちがゼロという地点が発生する。

たとえば、10月初め、オオハクチョウが日本に最初飛来する

濤沸湖では、1月、結氷のため調査羽数ゼロとなる。

Nemuro_004r

結氷した風連湖。私が訪れた12月末、鳥1羽も

いなかった。

同様、宮島沼も小友沼(秋田県)なども結氷するので、

調査地点から外れている。

そこで、調査羽数ゼロでも、秋、飛来し、春、北帰する

ハクチョウ飛来地も加味して、

「コハクチョウ&オオハクチョウの主な飛来分布図」を

作成してみました。

私自身、ハクチョウ大好き人間で、数多く、ハクチョウ飛来地を

訪れているので、ハクチョウ飛来地の確認の意味でも、

今回、マッピングした次第です。


コハクチョウ&オオハクチョウの主な飛来地分布地図

Img018r

(注1)青森県の十三湖は「十三湖のオオハクチョウ」で

青森県の天然記念物に指定されている。

今回調査ではコハク164羽 オオハク 0羽となっていましたが、

平成21年調査でオオハクが132羽記録されていることから、

(14)十三湖をコハク、オオハク飛来地として併記マッピング。

(注2) (26)阿武隈川ー三本木橋~文知摺橋及び

(27)多々良沼はコハクとオオハクの羽数が拮抗しているので

併記マッピング。

なお、マッピングのデータは下記リストです。

Img019r

(注1)表示番号は私がセレクトした調査地点を便宜上、

つけた管理用番号。一応65地点選んだことになる。

(注2)備考欄で調査羽数がゼロもしくは少数の有名飛来地に

ついて補足説明。


コハクチョウの飛行ルート

Dsc06738cr

御宝田遊水池のコハクチョウ(長野県明科)

コハクチョウは北シベリアの繁殖地からサハリンを経由して

日本には最初、北海道北部、浜頓別町にある

クッチャロ湖に飛来(ハクチョウの9割がコハクチョウ)。

その後、石狩平野を移動し、中継地の宮島沼に到達。

そこから本州を日本海沿いに南下。小友沼(秋田県)を

中継地として一時滞在。もしくは秋田県を飛ばし酒田の

最上川へ集結。さらに新潟県の佐潟、瓢湖へ移動。

その後、富山、石川、琵琶湖へと南下。

残ったコハクチョウは中海、宍道湖で越冬。

島根県がコハクチョウの越冬南限になっている。


オオハクチョウの飛行ルート

Dsc03628br

水戸・大塚池のオオハクチョウ

一方、オオハクチョウは、カムチャッカ半島から千島列島を

渡り、日本最初に飛来するのが北海道東部、網走市と

小清水町にある濤沸湖。

その後、風連湖、厚岸湖を経由し、太平洋側を通って、

本州の越冬地に向かう。

その後、青森、岩手と南下し、マガン同様、最大の越冬地で

ある内沼、伊豆沼、蕪栗沼地域へと目指す。

南限は館林の多々良沼あたりになっている。


コハクチョウとオオハクチョウとの交錯地

ところで、ハクチョウのマッピングをしながら気づいたのは、

(1)コハクチョウの日本海側飛行ルートでオオハクチョウが

飛来する地点があること。

その第一が酒田市の最上川で、この川はハクチョウが1万羽

近く飛来するところで有名。以前、給餌を行っていましたが、

日本での鳥インフルエンザ発生以降、給餌は止めている。

で、オオハクチョウはコハクチョウより人なつこく、エサを

まくと集まってくる傾向がある。

そのためか、最上川支流にある河川公園(幸福川)で、

オオハクチョウが多数カウントされている。

おそらく、クッチャロ湖に飛来した数少ないオオハクチョウが

最上川周辺の一部に集まっていると思われる。

第二は、柏崎市にある五日市池、長峰の池でも、オオハクチョウが

600羽以上カウントされていることです。

この地域は給餌となっているので、オオハクチョウが

集まりやすいのではないかと思われる。

次はオオハクチョウの飛行ルートの太平洋側で、

宮城県あたりから関東にかけ、コハクチョウも飛来し、

2種のハクチョウが見られる。

おそらく、酒田のコハクチョウの一部が太平洋側へ

渡っているのではないかと推測。その裏付けデータは

ありませんが、マッピングの結果、そうではないかと私的意見。

また、コハクチョウとオオハクチョウの動きの違いで

特徴的なのは、栃木県大田原市の羽田沼。

環境省のガンカモ調査によると、羽田沼ではコハクチョウが多く、

羽田沼近くの水田でオオハクチョウが多いという結果が出ている。

どうやら羽田沼周辺でふゆみず田んぼがあるようで、

人がまくエサにオオハクチョウが集まっていると思われる。

今度、確かめに行って来ようと思う。

Pentax_210r

何しろオオハクチョウは上の写真のように人なつこい。

水戸・大塚池でえさまきをしていた人たちの所に、

エサをもらおうとお出ましになる。


エサまきを止めたハクチョウ飛来地の現状

P1040077q

上の写真は2007年3月初めに、秋田県大館市にある

長木川の大館橋付近で早朝、撮ったもの。当時、300羽超飛来。

この付近の岸に「白鳥広場」があり、朝からエサまきが

行われていました。

しかし、鳥インフルエンザ発生から、エサまき禁止となり、

その後、ハクチョウの飛来は激減。そして皆無に。

実際、環境省の平成24年度・ガンカモ類の生息調査でも

羽数ゼロでした。

観光目玉にとハクチョウ飛来地として市がPRしていたのが

無駄になってしまった。

こういう餌付けをしてハクチョウを飛来させていた東北の

各地点で、エサまきを止め、ハクチョウが飛来しなくなった

ケースが多い。

しかし、最上川はハクチョウの好物のマコモを川の流域に

植えていく努力の成果で、エサまきを止めた今でも

ハクチョウが1万羽近く飛来している。

人間の都合でハクチョウをおびき寄せるため、エサまきをして、

今度は鳥インフルエンザで危ないということで、エサまきを止める。

ハクチョウは結構ドライだから、エサのない所にはおさらばする

わけです。

ハクチョウに限らず鳥たちは本来、自分たちでエサ探しをする。

私たちは鳥たちが飛来しやすいような自然環境を作って

いくことが大事です。

Dsc02131r

みちのく白鳥の詩

Dsc07156r Dsc07343r Dsc07399br_2

岩手県のハクチョウ飛来地

岩手県でハクチョウが飛来する地区として、

北上市の北上川流域が昔から有名。

1000羽飛来するという。

見事な桜が咲く展勝地。珊瑚橋周辺。それと新堤。

ところが盛岡市にもハクチョウ飛来地があるということを

最近知りました。

盛岡駅から車で20分程度の所にある「高松池」。

ここは池の周囲が整備され、高松公園・桜の名所地として

有名。市民の憩いの場にもなっている。

何でも30年前からハクチョウの餌付けを始め、

ピーク時には250羽程飛来したそうですが、

最近、餌付けをやめて、かなり飛来数が減少したとのこと。

で、私は2月末、盛岡に仕事で行き、宿泊することになったので、

翌朝、高松池へ行くことにしました。

盛岡の日の出時刻は6時14分。5時50分頃、池に着くよう

ホテルを出てタクシーに乗車。

ボート乗り場のあたりに到着し、池を見たら何と結氷したうえに

雪が積もっている。

Dsc07128r

こりゃあダメだと思いながらも、公園ガイドで案内のある

ビューポイントだけでも行くかと、ところどころ凍りついた

遊歩道の雪道をゆっくり歩いていたら、かすかに「クオー、クオー」

というまぎれもないハクチョウの鳴き声。

すかさずポケットのミニ望遠鏡でのぞいたら・・・

池の一番奥で氷が割れている部分にハクチョウが100羽強。

カモたちも。

Dsc07144r

周囲1.4kmのこじんまりとした池なので、ハクチョウたちの

いるポイントに何とか日の出前に到着。よかった。


身繕い始めたハクチョウたち

Dsc07130r

日の出とともに、あたりは明るくなり、ハクチョウたちは

ぼちぼち起きだし、身繕いを始めて・・・

Dsc07180r


朝陽とハクチョウたち

氷が割れている水面が朝陽で赤く染まり、

ハクチョウたちは泳ぎだした。

しゃきっと長い首を伸ばし。

Dsc07198b_edited1

ところでハクチョウは数羽の家族単位で行動する。

高松池で数組のハクチョウ家族を観察した。



最初に幼鳥がいるハクチョウ家族A

氷の割れ目で何やらエサをつついている。

Dsc07164r

Dsc07167r

この家族構成は成鳥2と幼鳥3。

Dsc07224b_edited1

Dsc07211r

そして幼鳥3兄弟はいつも一緒に行動。

Dsc07172r

何やらささやきあったり・・・

オオハクチョウの幼鳥のフアフア、モコモコとした

まだら色した背羽が可愛い。

Dsc07337r


次に成鳥だけのハクチョウ家族B(氷上)

Dsc07394r

朝のあいさつ!

起きたぞ~ さあエサを探しにでかけるか!

何て家族みんなにアピールしていたり・・・

Dsc07399br

あたりを見回して 「うーん そうだな・・・」

Dsc07401r


激しくあいさつを交わすハクチョウ家族C

ひときわ甲高い鳴き声・・・

Dsc07241r

Dsc07249r

さて、その他目立つ行動のハクチョウは・・・


求愛ディスプレイ中かな?見つめ合い・・・

Dsc07378r

そして・・・

Dsc07377b_edited1


はぐれ幼鳥1羽。自力でエサ探し?

オイオイ!抜け落ちた羽は食べられないよ!

Dsc07415r

そうだね・・・

Dsc07425r


飛び立ったハクチョウ1羽。

遠くて小さい。

Dsc07437r

家族単位で一斉に飛び立つハクチョウたちを撮りたかったが、

タイムリミット。高松池を後に大急ぎでホテルへ・・・

Dsc07473r

正味1時間程度のハクチョウ観察でしたが、

天気にも恵まれ、彼らの様子をつぶさに見ることができ、

ラッキーなひと時を過ごせました。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30