無料ブログはココログ

リンク集

日本野鳥の会東京

日本野鳥の会

湘南タゲリ米

バナー

秋田内陸線

« 花しょうぶとカルガモ | トップページ | 55、500アクセス突破記念!印象に残る鳥・ベストセレクション! »

富士山周辺日帰り探鳥会

Dsc03869b_edited1_2 Dsc04085rr Dsc04281br

久しぶりの探鳥会

先週の日曜日、日本野鳥の会東京主催の

「富士山周辺日帰り探鳥会」に参加しました。

1年半ぶりの探鳥会参加。実際の行程は下記の通り。

新宿駅西口 7:00 出発  -首都高・中央自動車道ー河口湖ICー

中の茶屋周辺 9:20~10:00 

北富士演習場  10:40~12:30 (昼食含む)

ー東富士五湖道路・富士スバルラインー

奥庭山荘 14:00~15:30

ー河口湖ICー中央自動車道・首都高ー新宿駅西口 19:30

会の担当者4名を含め総勢48名。大型バスで新宿スタート。

20140617iphonefile_008r


最初の探鳥地:中の茶屋周辺

20140617iphonefile_010r

広葉樹の林に囲まれた最初の探鳥地で驚いたのは

「エゾハルゼミ」というセミの一種が大合唱。

カエルに似たけたたましい鳴き声のせいで、鳥の声が聞き取れない。

Dsc03770r Dsc03772r

結局、ここはほとんど収穫なしで次の探鳥地へ。


雄大な北富士演習場

20140617iphonefile_011b_edited1

富士山の裾野に広がる自衛隊の北富士演習場。

広々と雄大そのもの。4600haの敷地は東京ドームの

およそ1000個分にあたる。

20140617iphonefile_013b_edited1 20140617iphonefile_018r

ここ演習場は平日に入ろうとすると、入場料として一人500円取られるという。

入場目的のほとんどは山菜採りで、探鳥目的だろうと関係ない。

日曜日は無料なので、平日の探鳥は敬遠した方が賢明。

Dsc03777r

ここでは草の穂先や枯れ枝で「コヨシキリ」「ホオアカ」「ホオジロ」「ノビタキ」。

ちょっと高い木の上で「サンショウクイ」「カワラヒワ」「モズ」。

空では「ヒバリ」。私たちのそばを通過した「カッコウ」「コムクドリ」などなど。

ところで、私一人だけ見つけたようでしたが、白く変異した

「白いモズ」がある木のてっぺんに止まったところを撮影。

距離は150メートルほどと遠かったので、引き伸ばして

証拠写真レベルですが・・・

Dsc03829r Dsc03829c_edited1


奥庭山荘の水場

さて、最終は昨夏訪れた「奥庭山荘」横の水場。

昨夏はワイバードさんのツアーによる奥庭山荘横の水場探鳥だけで

丸一日でしたが、今回は48人と大所帯。

そのため、2チームに分かれ40分交代で水場探鳥となった。

最初に現れたのが「ルリビタキ」。

Dsc03850r

前のめりで水に顔を突っ込み、全身を回転させバシャバシャと水浴び。

Dsc03851r Dsc03852r

気分は爽快?

Dsc03853r

そして垂直に飛び上がり、水場を去りました。

Dsc03876r

続いて「ヒガラ」。きわめて小さい鳥だ。

Dsc04179rr

Dsc04236r

さて、過去の探鳥で出会ったことがなかった「メボソムシクイ」。

今回初の観察。黄色味を帯びたかわいい鳥だ。

Dsc04059b_edited1

Dsc04102r

水場に降り水浴び開始。

Dsc04107r

連続して水切りの高速回転。

Dsc04108r

すっきりしたかな?

Dsc04110r

そして、今回、一番多く出現した「ウソ」の雌雄。

最初にオス。

Dsc04346br

Dsc04334r

続いてメス。

Dsc03984r

「ウソ」のツーショット。

Dsc04270c_edited1

「ウソ」のダブル水浴び。見守る「ヒガラ」。

Dsc04308r

水浴びが終わって・・・  「ヒガラ」(仲の良いことでうらやましい~)と

見つめていたかも。

Dsc04296r

水場探鳥の最後の最後、やっと現れた「ホシガラス」。

ちょっと水場に嘴を突っ込み、去って行ってしまった。

Dsc04354b_edited1

40分間の水場探鳥で、多くの鳥を観察することは難しい。

一番会いたかった「キクイタダキ」は奥庭山荘に行く途中、

鳴き声が聞こえたので期待したのですが、残念ながら水場に現れず。

それでも、「ルリビタキ」と「ホシガラス」に再会できたので収穫。

今回の探鳥会担当者はヤング探鳥会担当者が主力で、

かなりの年輩会員たちに笑顔を絶やさず親切に対応していた。

日本野鳥の会の会員は4万人から減少と老齢化傾向にある。

もっと若い会員が増えていかないと、会として将来的に野鳥保護の強力な

パワーとなり得ない。探鳥会に参加する度、私はそう感じている。

今回探鳥会の鳥合わせは34種でした。

私たちのお世話をしていただいた担当者の

田島さん。落合さん。野嶋さん。北嶋さん。

ありがとうございました。そして、ご苦労様でした。

20140617iphonefile_025r



























« 花しょうぶとカルガモ | トップページ | 55、500アクセス突破記念!印象に残る鳥・ベストセレクション! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530317/59836132

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山周辺日帰り探鳥会:

« 花しょうぶとカルガモ | トップページ | 55、500アクセス突破記念!印象に残る鳥・ベストセレクション! »

最近のトラックバック

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30